パナソニック、2030万画素Live MOSセンサー搭載「LUMIX GX7MK3」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > デジタル一眼カメラ > パナソニック、2030万画素Live MOSセンサー搭載「LUMIX GX7MK3」

パナソニック、2030万画素Live MOSセンサー搭載「LUMIX GX7MK3」

2018年2月14日 16:50掲載

「DC-GX7MK3L」 「DC-GX7MK3L」 「DC-GX7MK3K」
「DC-GX7MK3K」

パナソニックは、ミラーレス一眼カメラ「LUMIX G」シリーズの新モデル「LUMIX DC-GX7MK3」を発表した。ボディ単体「DC-GX7MK3」に加えて、15mm F1.7の単焦点ライカDGレンズが付属するキット「DC-GX7MK3L」、12-32mm F3.5-5.6の標準ズームレンズが付属するキット「DC-GX7MK3K」をラインアップし、3月15日より発売する。

撮像素子に、ローパスレスフィルターレスで有効2030万画素の4/3型Live MOSセンサーを装備したモデル。さらに、モアレや偽色も低減処理で効果的に抑えられるヴィーナスエンジンも搭載。「マルチプロセスNR」によって、解像感、質感を維持しながらノイズを抑える。

また、階調豊かな質感の「L.モノクローム」に加えて、ハイライトとシャドウを強調しつつ、絶妙なディテールを残した新フォトスタイル「L.モノクロームD」を新たに搭載。「モノクローム」「L.モノクローム」「L.モノクロームD」では、フィルム写真の質感を表現する、粒状感を設定できるようになった。OFF、弱、中、強から選択でき、好みに合わせた質感で表現できる。

秒間30コマ連写で決定的瞬間をとらえる「4Kフォト」では、4Kフォト撮影時に、被写体の動きや顔を検出した箇所に自動でマーカーを設定し、1ファイル最大10個までマーカーを表示できる「4Kフォト オートマーキング」、4Kフォトで撮影した一連の動きから、選択した画像を軌跡として1枚に合成する「4Kフォト 軌跡合成」、撮影後に好きなフォーカスポイントの写真を選べる「フォーカスセレクト&フォーカス合成」モードも搭載した。

本体には、5軸ボディ内手ブレ補正と2軸レンズ内手ブレ補正による「Dual I.S.」を搭載。動画撮影にも対応し、小さなブレから大きなブレまで強力に補正し、手ブレの発生しやすい手持ち撮影、暗所や望遠時での撮影に適しているという。このほか、露出補正ダイヤルを天面のダイヤル部分に独立して設け、モードダイヤルと2段重ねで搭載。背面には、フォーカスモードレバーを備えた。

主な仕様は、EVFは約276万ドット相当で視野率が約100%、倍率が約1.39倍(35mm判換算で約0.7倍)。モニターは、チルト可動式の3.0型タッチパネル液晶(約124万ドット)。動画撮影は4K/30pに対応する。Wi-Fi、Bluetooth 4.2(Bluetooth Low Energy)もサポートした。外部記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応。静止画撮影可能枚数は、モニター時が約260枚、ファインダー時が約250枚。

本体サイズは124(幅)×72.1(高さ)×46.8(奥行)mm(突起部除く)、重量は約450 g(本体、バッテリー、メモリーカード含む)。ボディカラーはブラック、シルバーの2色を用意した。

価格はオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】パナソニック、340gで光学15倍ライカレンズを搭載した1型コンデジ「LUMIX TX2」

【新製品ニュース】パナソニック、ローパスレスMOSセンサー搭載「LUMIX GX7 Mark II」

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
パナソニック LUMIX DC-GX7MK3 ボディ 2030万画素Live MOSセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ(ボディ単体) 
パナソニック LUMIX DC-GX7MK3L 単焦点ライカDGレンズキット 2030万画素Live MOSセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ(単焦点レンズキット) 
パナソニック LUMIX DC-GX7MK3K 標準ズームレンズキット 2030万画素Live MOSセンサー搭載のミラーレス一眼カメラ(標準ズームレンズキット) 

関連コンテンツ

デジタル一眼カメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト