リコー、手ブレ補正などを新搭載した「GR DIGITAL IV」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > デジタルカメラ > リコー、手ブレ補正などを新搭載した「GR DIGITAL IV」

リコー、手ブレ補正などを新搭載した「GR DIGITAL IV」

2011年9月15日 16:00掲載

GR DIGITAL IV GR DIGITAL IV GR DIGITAL IV

リコーは、コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL」の最新モデル「GR DIGITAL IV」を発表。10月中旬より発売する。

2009年8月発売の「GR DIGITAL III」の後継モデル。有効画素数約1000万画素の1/1.7型CCDセンサーや、35mm判換算28mmの大口径単焦点レンズ「GR LENS 28mm F1.9」などを継承しつつ、新たに、新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE IV」の搭載と光学フィルターの改良により、「GR DIGITAL III」を超えるGR史上最高画質を実現しているという。 また、「イメージセンサーシフト方式ブレ補正機能」を「GR DIGITAL」シリーズで初めて搭載。シャッタースピード換算で3.2段分の効果を得られるという。

さらに、最大190ポイントでの高速・高精度測距が可能な、独自開発の外部AFセンサー(パッシブセンサー)を新たに搭載したのも特徴だ。外部AFと従来のコントラストAF方式を併用する「ハイブリッドAFシステム」により、最短約0.2秒のAF合焦速度を実現。「GR DIGITAL III」と比べて最大約1/2に短縮しているという。また、アルゴリズムの改良により、コントラストAF方式のみで行うマクロAFも、最大約2倍の高速化を実現しているという。

機能面では、ダイナミックレンジの拡大機能として、新たに「ダイナミックレンジ補正」を搭載。画像を自動的に領域分割し、各領域に適正な補正をすることで、白とびや黒つぶれを抑えた滑らかな階調の写真を1ショットで撮影できる。

また、オートブラケット機能には、従来の露出、ホワイトバランスに加えて、新たに「コントラストブラケット」「ダイナミックレンジ補正ブラケット」、任意で選択した2つの画像設定を加えた3枚を記録連続撮影する「画像設定ブラケット」を、シーンモードには、夜空を一定の間隔で連続撮影し、それぞれの画像の高輝度画素データのみを抽出して合成する「インターバル合成」を追加。画像設定モードには、「ポジフィルム調」と、彩度を低くしコントラストを高めにした「ブリーチ バイパス」が新たに追加されている。

このほか、電子水準器は従来の水平方向に加え、アオリ方向の傾きも検知できるように進化。背面液晶モニターは、RGBにホワイトの画素を加え、解像度が123万ドットへと拡大。最大輝度も「GR DIGITAL III」の約1.7倍に向上し、視認性が向上している。

本体サイズは、108.6(幅)×59.8(高さ)×32.5(奥行)mmで、重量約190g(バッテリー、SDメモリーカード、ストラップ含まず)。対応外部メディアは、SDメモリーカード(SDHC対応)。電源は専用リチャージャブルバッテリー「DB-65」、単4形アルカリ乾電池×2、単4形ニッケル水素電池×2に対応。静止画撮影可能枚数は、専用リチャージャブルバッテリー「DB-65」で約390枚、単4形アルカリ乾電池×2使用時で約30枚となる。

市場想定価格は8万円前後。

■関連リンク

【新製品ニュース】リコー、「GR DIGITAL IV ホワイトエディション」発売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
リコー GR DIGITAL IV ブラック 独自開発の外部AFセンサーやセンサーシフト式手振れ補正機能などを新たに搭載した「GR DIGITAL」の最新モデル 

関連コンテンツ

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト