ソニー、1インチセンサー採用の「サイバーショット DSC-RX100」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > デジタルカメラ > ソニー、1インチセンサー採用の「サイバーショット DSC-RX100」

ソニー、1インチセンサー採用の「サイバーショット DSC-RX100」

サイバーショット DSC-RX100 サイバーショット DSC-RX100 サイバーショット DSC-RX100

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの新モデル「DSC-RX100」を発表。6月15日より発売する。

新たに開発した2020万画素の1.0型(13.2×8.8mm)“Exmor”CMOSセンサーを採用するハイエンドモデル。従来の1/2.3型センサーと比べて約4倍の撮像面積となっており、ボケを生かした撮影が可能だ。レンズの性能にもこだわっており、35mm判換算で広角28mm〜望遠100mmに対応する光学3.6倍ズームのカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用。広角端で開放F1.8(望遠端はF4.9)の明るさを持つのが特徴だ。さらに、薄型のAAレンズを含む非球面レンズを4枚含めた6群7枚構成を採用し、小型設計と描写性能を両立。絞り羽根は、7枚羽根の虹彩絞りとなっている。

また、画像処理エンジンには、搭載するセンサーとレンズに最適化された「BIONZ」を採用。センサーとレンズに最適な画像処理を施すことで、低ノイズと高精細な画質を実現している。感度は、常用でISO125〜6400に対応。拡張設定でISO80/100を設定できるほか、マルチショットNR時は最高ISO25600に対応する。

デザイン面では、マットブラック仕上げのシンプルフォルムを採用。アルミを使った高品位なメタルボディで高級感を演出している。また、直感的な操作性を採用しているのもポイント。レンズ部に、露出補正や感度の設定に利用できるコントロールリングを装備するほか、任意の機能を7個割り当てることができるファンクションボタンも備えている。

撮影機能では、「サイバーショット」シリーズとして初めて、画質の仕上がりを選べる「クリエイティブスタイル」(計6種類)に対応。エフェクト効果を楽しめる「ピクチャーエフェクト」では、「ポスタリゼーション」「レトロフォト」「ハイコントラストモノクロ」「ソフトフォーカス」が追加され、計13種類の中から選べるようになった。明るさや色合いを画面を見ながら直感的に調整できる「マイフォトスタイル」にも対応している。

このほか、フル画素で最大10コマ/秒の高速連写に対応。機能面では、全画素超解像ズームやオートポートレートフレーミング機能、電子水準器、MFアシスト機能・ピーキング機能、マルチアスペクト記録(16:9、4:3、3:2、1:1)なども備えている。RAW記録にも対応。動画撮影は1080/60p記録に対応している。

液晶モニターは、屋外でも明るくて見やすい新開発の「WhiteMagic」を採用した122.9万ドット表示の3.0型「エクストラファイン液晶」。ボディサイズは101.6(幅)×58.1(高さ)×35.9(奥行)mmで、重量は約240g(付属バッテリー、メモリースティック デュオを含む)。新しい大容量バッテリー(NP-BX1)を採用し、CIPA基準で約330枚の撮影が可能となっている。

市場想定価格は7万円前後。

【トレンドニュース】1インチセンサー搭載のソニーの高級コンデジの初代機「サイバーショ…

メーカーWebサイトへ


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY サイバーショット DSC-RX100 1インチセンサーを採用したサイバーショット 

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト