パナソニック、1型MOSセンサーと光学10倍ライカDCレンズ搭載「LUMIX TX1」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > デジタルカメラ > パナソニック、1型MOSセンサーと光学10倍ライカDCレンズ搭載「LUMIX TX1」

パナソニック、1型MOSセンサーと光学10倍ライカDCレンズ搭載「LUMIX TX1」

2016年1月19日 18:30掲載

LUMIX DMC-TX1 LUMIX DMC-TX1

パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TX1」を発表。3月10日より発売する。

撮像素子に、有効2010万画素の1型MOSセンサーを装備したコンパクトデジタルカメラ。非球面レンズや独自の調心技術、全群駆動の新レンズ構成を採用し、コンパクトなボディに光学10倍ズーム、F2.8〜5.9の「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ」を搭載。明るさと同時に、画像周辺部までの高い解像感を実現する。

機能面では、「4Kフォト(高速連写)」を利用して、フォーカスポイントを変えながら撮影する「フォーカスセレクト」を搭載。撮影後、好きなフォーカスポイントの写真を自由に選択できるため、ピントが合っていなかったという失敗写真を減らせる。さらに、「4Kフォト」で連写した複数の写真から1枚の写真に合成して、印象的な写真を作れる「比較明合成」にも対応した。

動画機能では、高精細な4K30p、なめらかで美しいAVCHD 60pの動画撮影に対応。5軸ハイブリッド手ブレ補正(4K動画撮影時は使用不可)により、ブレを抑えてきれいに撮影できる。また、4Kで撮影しながらフルHD動画に切り出すことで、パン/ズームイン/ズームアウトの処理を加えた動画を残せる「4Kライブクロップ」にも対応した。

このほか、モニターはタッチパネル対応3型液晶(約104万ドット)を搭載。記録メディアは、SDXC/SDHC/SDメモリーカードをサポートする。電源はリチウムイオンバッテリーを内蔵し、バッテリー撮影可能枚数が約300枚。本体サイズは110.5(幅)×64.5(高さ)×44.3(奥行)mm(突起部を除く)、重量は約310g(バッテリー、メモリーカード含む) /約268g(本体)。ボディカラーはブラックの1色のみ。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
パナソニック LUMIX DMC-TX1 1型MOSセンサーと光学10倍ライカDCレンズ搭載コンデジ 

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト