ソニー、0.03秒高速AF対応の超望遠600mmズームカメラ「RX10 IV」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > デジタルカメラ > ソニー、0.03秒高速AF対応の超望遠600mmズームカメラ「RX10 IV」

ソニー、0.03秒高速AF対応の超望遠600mmズームカメラ「RX10 IV」

2017年9月13日 15:55掲載

「RX10 IV」 「RX10 IV」 「RX10 IV」
「RX10 IV」 「RX10 IV」 「RX10 IV」

ソニーは、デジタルカメラ「サイバーショット」シリーズより、メモリー一体1.0型積層型CMOSイメージセンサーExmor RSを搭載した「RX10 IV DSC-RX10M4」を発表。9月20日10時より予約受付を開始し、10月6日より発売する。

高速性と追従性にすぐれた像面位相差AF方式と高精度なコントラストAF方式を併用するファストハイブリッドAFシステムを、「RX10」シリーズとして初めて搭載したモデル。レンズ駆動制御も最適化し、世界最速0.03秒(1.0型イメージセンサー搭載のレンズ一体型デジタルスチルカメラとして。同社調べ)の高速AFを実現する。

315点の像面位相差検出AF(高速性と動体への追従性にすぐれた位相差検出AFセンサーをイメージセンサーの撮像面に配置し、位相差を検出してAFを行う方式)センサーを配置し、被写体を瞬時に広範囲かつ高精度にとらえ、さらに高密度AF追従テクノロジーによって、高精度に追従する点が特徴だ。

また、画像処理エンジンBIONZ Xと、それをサポートするフロントエンドLSIによって、最高24コマ/秒(連続撮影モード「Hi」)の高速連写を実現。バッファメモリーの大容量化などにより、249枚(画質「ファイン」時)まで連続撮影できる。

さらに、進化した画像処理エンジンBIONZ Xにより、瞳AF機能の検出精度、速度、追従性能も向上(従来モデル「RX10 III」との比較)。動きのあるポートレート撮影で、正面からうつ向き顔になった場合や、振り向いた瞬間、逆光で顔が暗いシーンなど、ピント合わせが難しい状況でも、瞬時に瞳を検出しピントを合わせて追従できる。

連写した静止画のグループ表示や、タッチフォーカス機能、タッチパッド機能、フォーカスレンジリミッター(35mm換算焦点距離150-600mmのみ有効)など、高速撮影をサポートする機能も搭載。このほか、サイレント撮影が可能なため、静粛さが求められる野生動物やコンサート会場での撮影時など、場所やシーンを選ばずに撮影できる点も特徴だ。

加えて、ファストハイブリッドAFが動画撮影時にも対応。画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K(QFHD:3840×2160)動画機能、撮影時間が増えた最大40倍のスーパースローモーション機能によって、プロの映像制作のニーズにも応える。

レンズは、光学25倍ズームレンズ「ZEISS Vario- Sonnar T∗ 24-600mm」を装備。計8枚のED(特殊低分散)ガラスを採用し、望遠撮影時に目立ちやすい色収差を良好に補正。ズーム全域で、高コントラストかつシャープな画質を得られるという。超望遠や暗所撮影時に役立つ4.5段分の高い手ブレ補正効果に加えて、美しいぼけを生み出す9枚羽根円形絞り機構も採用した。さらに、600mm(35mm判換算)で約72cm(最大撮影倍率0.49倍)まで被写体に寄れる、テレマクロ撮影を楽しめる。

このほか、静止画の記録フォーマットがJPEG、RAW、動画の記録フォーマットがXAVC S、AVCHD Ver.2.0に対応。ファインダーは0.39型の電子式有機EL(約235万ドット)を採用し、背面モニターには、タッチパネル対応の3型チルト液晶(約144万ドット)を装備。バッテリー使用時間は、静止画撮影時が約400枚、ファインダー使用時で約370枚。

本体サイズは132.5(幅)×94(高さ)×145(奥行)mmで、重量は約1095g(バッテリーNP-FW50、SDXCメモリーカードを含む)。

市場想定価格は190,000円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY サイバーショット DSC-RX10M4 0.03秒高速AF対応の超望遠600mmズームカメラ 

関連コンテンツ

デジタルカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト