ロモ、冒険家マゼランの航路をイメージした「Lomo’Instant Automat Glass」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > インスタントカメラ > ロモ、冒険家マゼランの航路をイメージした「Lomo’Instant Automat Glass」

ロモ、冒険家マゼランの航路をイメージした「Lomo’Instant Automat Glass」

2017年3月21日 16:03掲載

Lomo’Instant Automat Glass Lomo’Instant Automat Glass Lomo’Instant Automat Glass 作例

ロモジャパンは、ガラスレンズ搭載のインスタントカメラ「Lomo’Instant Automat Glass Magellan(ロモインスタント オートマット ガラス マゼラン)」の予約販売を、同社オンラインショップ限定で開始した。4月中旬からの発送を予定している。

「大航海時代のポルトガル冒険家フェルディナンド・マゼランと、航海者たちが夜の船上で見上げたであろう星々やその航路にインスパイアされて誕生した」というモデル。ボディは海のさざ波を表現した凹凸のあるマットブラックカラーで、海の道しるべとなる、輝く星のように鮮やかなネオンオレンジをアクセントとしたデザインを採用した。

また、マルチコートガラスレンズを搭載したことで、インスタント写真ながらクリアな写真を楽しめる。さらに、最短焦点距離0.3mで迫力あるセルフィーやポートレートを撮影可能だ。クローズアップ・アタッチメントレンズが付属し、使用することで最短焦点距離は10cmでの撮影も可能だ。このほか、最大F値4.5の絞り値で、暗い場所での撮影にも対応。低光量下でもフラッシュなしで、屋内や日陰での撮影でも自然な風景が切り取れる。

このほか、多重露光写真をより楽しめるアクセサリーとして、Splitzerや、カラーフィルター、シャッターリモコン機能付きレンズキャップで、実験的なインスタント写真も撮影可能。なお、予約販売期間中はカメラストラップとカラーフィルターの特典が付属する。

主な仕様は、使用フィルムが富士フィルム Instax Mini フィルム、露光サイズが62mm×46mm、シャッタースピードがバルブ(バルブモード シャッター開放時間最大30秒)、8s-1/250s(オート撮影モード)、絞りがF4.またはF22、露出補正が+1/-1 EV値(環境光)、フィルム排出機構がモーター制御、フィルタ径が43mm。

価格は19,900円。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

インスタントカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク