キヤノン、「EF40mm F2.8 STM」などレンズ4本を6月22日発売

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > レンズ > キヤノン、「EF40mm F2.8 STM」などレンズ4本を6月22日発売

キヤノン、「EF40mm F2.8 STM」などレンズ4本を6月22日発売

2012年6月20日 13:25掲載

EF40mm F2.8 STM EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM EF24mm F2.8 IS USM

キヤノンは、一眼レフカメラEOSシリーズ用の標準単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM」、高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」、広角単焦点レンズ「EF24mm F2.8 IS USM」「EF28mm F2.8 IS USM」の発売日を決定。いずれも6月22日より発売する。

標準単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM」は、EFレンズシリーズ最薄・最軽量となるパンケーキレンズ。ステッピングモーターを採用したことにより、100円硬貨の直径とほぼ同じサイズの全長22.8mm・重量約130gの薄型・軽量ボディを実現している。価格は23,000円(税抜)。

高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」は、新開発の6群ズームとステッピングモーター(STM)を搭載した新設計のフォーカス機構を採用し、動画撮影時のAF性能を向上させているのが特徴。2009年10月に発売した「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS」と比べて、より簡単な操作での動画撮影を可能にしながら、さらなる高画質化を実現している。特に、EOSシリーズとして初めて動画サーボAFを搭載した同日発表のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」との組み合わせ、被写体の動画撮影時において、非常に静かでスムーズなAFを簡単な操作で実現できるという。価格は68,000円(税抜)。

広角単焦点レンズ「EF24mm F2.8 IS USM」「EF28mm F2.8 IS USM」は、広角単焦点レンズとして世界で初めて手ブレ補正機構“IS”を搭載したのが特徴。手ブレ補正効果はシャッタースピード換算で約4段分を実現している。価格は「EF24mm F2.8 IS USM」が80,000円、「EF28mm F2.8 IS USM」が86,000円(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】キヤノン、動画対応を強化した高倍率レンズと単焦点パンケーキレンズ

【新製品ニュース】キヤノン、世界初の手ブレ補正搭載広角単焦点レンズ

メーカーWebサイトへ


価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
CANON EF40mm F2.8 STM EFレンズシリーズ最薄・最軽量のパンケーキレンズ 
CANON EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 動画対応機能を強化した高倍率ズームレンズ 
CANON EF24mm F2.8 IS USM 手ブレ補正機構を搭載した広角単焦点レンズ 
CANON EF28mm F2.8 IS USM 手ブレ補正機構を搭載した広角単焦点レンズ 

関連コンテンツ

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト