ニコン、焦点距離800mmのFXフォーマット対応超望遠レンズを開発

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > レンズ > ニコン、焦点距離800mmのFXフォーマット対応超望遠レンズを開発

ニコン、焦点距離800mmのFXフォーマット対応超望遠レンズを開発

焦点距離800mm、開放F値5.6のニコンFXフォーマット対応超望遠レンズ

ニコンは、プロフェッショナルフォトグラファー向けに焦点距離800mm、開放F値5.6のニコンFXフォーマット対応超望遠レンズを開発。市場投入に向けて準備中であることを明らかにした。

「NIKKOR」のオートフォーカスレンズで最長の焦点距離となるFXフォーマット対応レンズ。特に、決定的なシーンを捉えることが求められる屋外スポーツや野鳥、野生動物などの撮影に適しており、高い光学性能とすぐれた防塵・防滴性能を備えているという。現時点では、発売時期・発売価格などの詳細は未定。

なお、今回発表された新レンズは、2012年9月18日〜23日にドイツ・ケルンで行われる世界最大規模の写真・映像分野の展示会「フォトキナ2012」に参考出品される予定だ。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ニコン    焦点距離800mm、開放F値5.6のニコンFXフォーマット対応超望遠レンズ 

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト