ソニー、Gマスターブランドで100-400mmの超望遠ズームレンズ

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > レンズ > ソニー、Gマスターブランドで100-400mmの超望遠ズームレンズ

ソニー、Gマスターブランドで100-400mmの超望遠ズームレンズ

2017年4月21日 11:30掲載

FE 100-400mm F4.5−5.6 GM OSS FE 100-400mm F4.5−5.6 GM OSS FE 100-400mm F4.5−5.6 GM OSS

ソニーは、デジタル一眼カメラ「α」用の交換レンズとして、「Gマスター」ブランドのEマウント向け超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5−5.6 GM OSS」を発表。7月に発売する。

高い描写性能を実現する「Gマスター」ブランドの超望遠ズームレンズ。焦点距離は100-400mmとなっており、35mmフルサイズ対応のEマウント用レンズとして初となる、焦点距離400mmまでをカバーする。

光学設計では、色収差を低減するED(特殊低分散)ガラス2枚とスーパーEDガラス1枚、フレアやゴーストを抑制する独自のコーティング技術ナノARコーティングを採用し、高い解像性能を実現している。

また、光学設計の工夫や製造工程で球面収差を管理することで、被写体を引き立てる自然で美しいぼけ描写を実現。ダイレクトドライブSSMとダブルリニアモーターによるフローティングフォーカス機構、および最適化されたAFアルゴリズムによる高速性・追従性にすぐれたAF駆動が、カメラ本体のAF性能を最大限に引き出し、高い被写体追従性能を実現する。

さらに、最短撮影距離0.98m、最大撮影倍率0.35倍の近接撮影も可能。超望遠ズームレンズながらも1395g(着脱式の三脚座を除く)の軽量設計で携行性にもすぐれ、手持ち撮影に便利な手ブレ補正機構には流し撮りに効果的なモードも備える。

主な仕様は、レンズ構成が16群22枚、開放絞り(F値)が4.5-5.6、最小絞り(F値)が32-40、絞り羽根が9枚(円形絞り)、最短撮影距離が0.98m、最大撮影倍率が0.12-0.35倍、フィルター径が77mm。

このほか、本体サイズは93.9(最大径)×205(全長)mm。重量は1395g(三脚座別)。

価格は320,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS SEL100400GM 焦点距離100-400mmのEマウント向け超望遠ズームレンズ 

関連コンテンツ

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト