タムロン、同社レンズと「EOS 6D Mark II」の組み合わせで注意点を告知

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > レンズ > タムロン、同社レンズと「EOS 6D Mark II」の組み合わせで注意点を告知

タムロン、同社レンズと「EOS 6D Mark II」の組み合わせで注意点を告知

2017年8月10日 15:10掲載

SP 35mm F/1.8 Di VC USD (Model F012)

タムロンは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」でタムロン製レンズを使用する際の注意点をアナウンスした。

同社によれば、一部レンズとの組み合わせで、カメラメニューの「レンズ光学補正」機能をオンにした状態でライブビュー撮影した際、エラー現象が発生することを確認したとのこと。これを解消するには、カメラメニューの「レンズ光学補正」機能をすべてオフにすることで、正常に作動すると説明する。

対象レンズは、「SP 35mm F/1.8 Di VC USD(Model F012)」「SP 45mm F/1.8 Di VC USD(Model F013)」「SP 85mm F/1.8 Di VC USD(Model F016)」。なお、エラー現象が発生した際は、バッテリーを抜き差しするよう呼びかけている。

「EOS 6D Mark II」と対象レンズとの詳細な対応状況については現在、調査を実施しているという。これが終わり次第、「サポート情報」ページでアナウンスする予定だ。また、タムロン・レンズライフ・メンバーズに登録し、メールマガジンを希望しているユーザーに対しては、メールマガジンで案内するとのことだ。

■関連リンク

【新製品ニュース】キヤノン、バリアングル液晶搭載の「EOS 6D Mark II」を8/4発売

【新製品ニュース】タムロン、フルサイズ対応で手ブレ補正搭載の大口径単焦点レンズ

【新製品ニュース】タムロン、フルサイズ対応の中望遠レンズ「SP 85mm F/1.8 Di VC USD」

【新製品ニュース】シグマ、同社レンズと「EOS 6D Mark II」などの組み合わせで注意うながす

ニュースリリース


関連コンテンツ

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク