シグマレンズと「6D Mark II」「9000D」「Kiss X9i/X9」の組み合わせで注意喚起

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > レンズ > シグマレンズと「6D Mark II」「9000D」「Kiss X9i/X9」の組み合わせで注意喚起

シグマレンズと「6D Mark II」「9000D」「Kiss X9i/X9」の組み合わせで注意喚起

2017年8月10日 16:00掲載

SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art

シグマは、一部のシグマ製レンズとキヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS 6D Mark II」「EOS 9000D」「EOS Kiss X9i」「EOS Kiss X9」の組み合わせで、エラーが発生する現象を確認したと発表した。

同社によれば、「レンズ光学補正」機能を「する」にしてライブビュー撮影すると、エラーが発生するとのこと。そのため、対象レンズを使用する際は、「レンズ光学補正」機能を「しない」に設定するよう呼びかけている。

対象レンズは、「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM | Art」「SIGMA 35mm F1.4 DG HSM | Art」「SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM」「SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM」「SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM」。

なお、シグマ製レンズでは、カメラ本体の「レンズ光学補正」機能の「周辺光量補正」「色収差補正」「回折補正」および「歪曲収差補正」は使用できないとして、撮影の際は、これらの補正機能を「しない」に設定するよう案内している。補正機能を「する」にして使用すると「正常な撮影画像にならない場合がある」ことから、注意を呼びかけている。

■関連リンク

【新製品ニュース】キヤノン、バリアングル液晶搭載の「EOS 6D Mark II」を8/4発売

【新製品ニュース】キヤノン、エントリー機「EOS Kiss X9i」「EOS 9000D」を4/7に発売決定

【新製品ニュース】キヤノン、軽量453gでコンパクトになったエントリー一眼「EOS Kiss X9」

【新製品ニュース】シグマ、「Art」ライン「SIGMA 30mm F1.4 DC HSM」の発売日を決定

【新製品ニュース】タムロン、同社レンズと「EOS 6D Mark II」の組み合わせで注意点を告知

ニュースリリース


関連コンテンツ

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク