ニコン、1.4倍テレコン内蔵「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > レンズ > ニコン、1.4倍テレコン内蔵「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」

ニコン、1.4倍テレコン内蔵「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」

2018年1月9日 18:05掲載

「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」

ニコンイメージングジャパンは、ニコンFXフォーマットデジタル一眼レフカメラ対応レンズの新モデルとして、1.4倍テレコンバーター内蔵の超望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を発表。3月9日より発売する。

FXフォーマットで、180〜400mmまでの幅広い焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズ。ニコンの一眼レフカメラ用NIKKORレンズで初めてテレコンバーターを内蔵し、この1.4倍テレコンバーターを使用することで、超望遠560mmまで焦点距離を伸ばせる。

操作性については、プロの撮影現場におけるニーズに応える、使いやすさを実現。内蔵テレコンバーター切り換えレバーは、カメラのグリップを握ったまま操作できるため、ファインダーをのぞいた状態で即座に、焦点域を252〜560mmに切り替えられるという。

さらに、ベアリングを採用し、縦横の構図変更がスムーズにできる三脚座リング、三脚座をホールドしたままでも操作しやすいズームリングなど、姿勢を変えずに撮影できるよう配慮したのも特徴。加えて、テレコンバーターを内蔵しながら、重量約3500gを実現したほか、防塵・防滴・防汚性能も施した。

このほか、内蔵テレコンバーターの使用時・非使用時にかかわらず、手ブレ補正効果4.0段([NORMAL]モード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。CIPA規格準拠)を実現。VRモードには、[SPORT]モードも採用しており、スポーツシーンをはじめとした動体の撮影時でも、安定したファインダー像での撮影が可能だ。

主な仕様は、焦点距離が180〜400mm(内蔵テレコンバーター非使用時)、252〜560mm(内蔵テレコンバーター使用時)。最大口径比が1:4(内蔵テレコンバーター非使用時)、1:5.6(内蔵テレコンバーター使用時)。レンズ構成は、19群27枚(EDレンズ8枚、蛍石レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり)、ほか保護ガラス1枚(フッ素コートあり)、内蔵テレコンバーター5群8枚。

本体サイズは128(最大径)×362.5(全長)mm、重量は約3500g。

価格は1,472,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ニコン AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR 1.4倍テレコンバーター内蔵の超望遠ズームレンズ 

関連コンテンツ

レンズ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト