オリンパス、ハンドストラップのように手首にかけられるレンズケース

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > カメラケース・ポーチ > オリンパス、ハンドストラップのように手首にかけられるレンズケース

オリンパス、ハンドストラップのように手首にかけられるレンズケース

2018年2月8日 15:20掲載

「レンズケース CS-52」 「レンズケース CS-52」 「レンズケース CS-52」
「レンズケース CS-52」 「レンズケース CS-52」

オリンパスは、交換レンズを収納できる「レンズケース CS-52」を3月上旬より発売すると発表した。

ハンドストラップのように、手首にかけられるレンズケース。レンズ交換時に、両手を自由に使えるほか、取り付け金具でかばんの持ち手にかけて、いつでもスムーズに取り出せるのが特徴だ。

デザイン面では、ナチュラルな色合いを楽しめる杢調(もくちょう)の生地、アンティーク調の取り付け金具など、細部にこだわった仕上げを施している。

主な対応レンズは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 II R」、「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」、「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm Macro」、「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」。

本体サイズは160(幅)×145(高さ)×65(奥行)mm、重量は43g。

価格は4,860円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
オリンパス レンズケース CS-52  ハンドストラップのように手首にかけられるレンズケース 

関連コンテンツ

カメラケース・ポーチ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト