ソニー、α7向け小型・軽量フラッシュ「HVL-F45RM」を4/28発売

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > フラッシュ > ソニー、α7向け小型・軽量フラッシュ「HVL-F45RM」を4/28発売

ソニー、α7向け小型・軽量フラッシュ「HVL-F45RM」を4/28発売

2017年3月16日 18:00掲載

HVL-F45RM HVL-F45RM HVL-F45RM

ソニーは、4月の発売を予定していた、電波式ワイヤレス通信対応の外付けフラッシュ「HVL-F45RM」の発売日を決定。4月28日より発売する。

従来機「HVL-F43M」比で体積が約12%減と、小型・軽量で最大ガイドナンバー45の大光量を両立する外付けフラッシュ。「α」の電波式ライティングシステム(電波式ワイヤレスコマンダー「FA-WRC1M」)との組み合わせによるワイヤレスライティングが可能だ。

「α7 シリーズ」との使用に適した小型設計ながら、大光量を実現し、光を天井や壁などに反射させて自然な光を演出するバウンス発光時や、ハイスピードシンクロ撮影(HSS)対応時にも、十分な光量を確保する。発光部は、上下左右の4方向にバウンスできる。

また、電波式ワイヤレス通信機能を内蔵しており、コマンダー(送信側)とレシーバー(受信側)、どちらの役にも割り当てられる。最大5グループ、計15台まで接続でき、最大30mの通信距離内で手元のコマンダーにて撮影モードや光量などの調整を行える。

さらに、本体背面には、視認性の高い液晶モニターを搭載。メニュー画面は、カメラ本体と同じタブ構成を採用するほか、使用頻度の高い機能をアサインできるキーカスタマイズ機能を搭載し、素早く直感的な操作が可能だ。加えて、充電時間約2.5秒で、最大発光回数約210回の使用を実現。屋外でも安心して撮影できる防塵防滴設計となっている。

本体サイズは、69.4(幅)×113.7(高さ)×88.3(奥行)mm、重量が317g(本体のみ)。電源が単3形アルカリ乾電池 単3形ニッケル水素電池×4。端子保護キャップ、ミニスタンド、キャリングケースが付属する。

価格は43,000円(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、α7向け最大ガイドナンバー45の小型・軽量外付けフラッシュ

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY HVL-F45RM α7向け最大ガイドナンバー45の小型・軽量外付けフラッシュ 

関連コンテンツ

フラッシュ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト