SEA&SEA、「EOS Kiss X6i」用の水中ハウジング

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > 防水ケース > SEA&SEA、「EOS Kiss X6i」用の水中ハウジング

SEA&SEA、「EOS Kiss X6i」用の水中ハウジング

RDX650D RDX650D RDX650D

シーアンドシー・サンパックは、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X6i」用の水中ハウジング(水中撮影用防水ケース)「RDX650D」を発表。11月下旬より発売する。

水中撮影に対応する多彩な機構を備えた耐圧水深60mのハウジング。速写性と手ブレの防止に有効な、大型のシャッターレバーを採用。上部から押したり、前方から引くといった2パターンのレバー操作が行える。レバーが大型のため、オートフォーカス時の半押しもスムーズに行うことが可能だ。そのほか、ISO感度設定ボタンや絞り数値/露出補正ボタン、ホワイトバランス選択ボタン、AF動作選択ボタン、ライブビュー撮影/動画撮影ボタンなど、20点以上の操作ダイヤルやボタンなどを備え、カメラ本体のほぼすべての機能を操作することができる。

カメラの脱着が簡単にできるのも特徴だ。カメラクイックシューを備えており、アイカップを外して内蔵フラッシュをポップアップし、クイックシューを装着したカメラを指定の位置までスロットインすることで、セッティングが完了する。位置調整やギア調整をほとんど必要としないため、エントリーユーザーでも簡単に装着することができる。また、ロック機能付きの大型バックル構造となっており、裏ぶたの開閉がスムーズににできるようになっている。

そのほか、撮影条件の厳しい水中での使用を想定し、拡張性も向上。ハウジング底面の三脚ネジ穴に別売りのアームなどを装着すれば、外部ストロボやライトを装着することが可能だ。

このほか、ハウジングの材質はポリカーボネートを採用。本体サイズは200(幅)×190(高さ)×144(奥行)mmで、重量は約1780g(ハウジングのみ)。付属品として、ハウジングボディキャップとカメラクイックシュー、ハンドストラップが同梱される。

価格は114,000円。


防水ケース関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク