VIXEN、鏡筒「AX103S」単体とセットの天体望遠鏡

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > 天体望遠鏡 > VIXEN、鏡筒「AX103S」単体とセットの天体望遠鏡

VIXEN、鏡筒「AX103S」単体とセットの天体望遠鏡

[AX103S鏡筒] 対物レンズ3枚玉+フィールドコレクターレンズによるアポクロマティックテレスコープ(鏡筒単体)。価格は351,750円(税込)

ビクセンは、天体望遠鏡の鏡筒「AX103S」を3月20日より発売する。

対物レンズ3枚玉とフィールドコレクターレンズによるアポクロマティックテレスコープ。フォトビジュアルタイプのフラッグシップモデルとなる製品で、対物中央にEDガラスを配置し、すぐれた色収差補正とクリアな鋭像を実現している。

また、フィールドコレクターレンズを内蔵し、視野周辺においても20ミクロンで星像をとらえることが可能。「数値制御Precision Multicoating」の採用により、400-700mmで一面あたりの透過率99.5%を実現している。

このほか、SXD赤道儀と大型六角形アルミ製2段伸縮式三脚とセット「SXD-AX103S」と、ニューアトラクス赤道儀とジュラポール伸縮式の三脚とセット「ニューアトラクスAX103S」、ニューアトラクス赤道儀と高さ104cmのピラー脚とセット「ニューアトラクスAX103S-P110」がラインアップ。価格は351,750〜963,900円(いずれも税込)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ビクセン ニューアトラクス AX103S 対物レンズ3枚玉+フィールドコレクターレンズによるアポクロマティックテレスコープ(鏡筒単体)。価格は351,750円(税込) 

天体望遠鏡関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト