ソニー、空間光学ブレ補正を初搭載した4K/フルHDアクションカム

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > ビデオカメラ > ソニー、空間光学ブレ補正を初搭載した4K/フルHDアクションカム

ソニー、空間光学ブレ補正を初搭載した4K/フルHDアクションカム

2016年6月20日 16:50掲載

FDR-X3000 FDR-X3000R HDR-AS300

ソニーは、アクションカムの新製品として、4K対応モデル「FDR-X3000」「FDR-X3000R」とフルHD対応モデル「HDR-AS300」「HDR-AS300R」を発表。6月24日より発売する。なお、型番末尾にRが付いた「FDR-X3000R」と「HDR-AS300R」には、小型ライブビューリモコンが付属する。

いずれも、レンズユニットを新たに開発し、アクションカムに「空間光学ブレ補正」機能を初めて搭載したのが特徴。動きの激しいブレを抑えて高精細な動画を撮影することが可能だ。

また、新開発のZEISS(ツァイス)テッサーレンズは、F2.8で、解像力・コントラスト・色再現性にすぐれており、広角レンズながらも画面周辺部の歪みを軽減した自然な映像を実現。独自技術のExmor R(エクスモアアール)CMOSセンサーや、画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズエックス)との組み合わせにより、アクティブなシーンや暗所でも美しい映像撮影が行える。

さらに、本体のみで防滴に対応し、雨の日や水しぶきのかかるシーンでも使用することが可能。水深60mまでの水中撮影に対応し、防塵性・耐衝撃性も備えたアンダーウォーターハウジング「MPK-UWH1」も付属する。

機能面では、Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンやタブレットで「撮影前のアングル確認」「録画中のモニタリング」「カメラのリモコン操作」が行える。GPS機能も搭載しており、速度計や位置情報の表示が可能。ハイスピード撮影機能に対応し、「FDR-X3000R」「FDR-X3000」がフルHD 120fps、HD 240fps、「HDR-AS300R」「HDR-AS300」がHD 120fps、WVGA 240fpsでの撮影が可能だ。

撮像素子は、有効約818万画素の1/2.5型 Exmor R CMOSセンサーを搭載。35mm判換算の焦点距離は、ワイドで17mm、ミディアムで23mm、ナローで32mm。記録ファイルは、MP4とXAVC Sを採用。記録メディアは、microSD/microSDHC/microSDXCメモリーカード、メモリースティックマイクロ(MARK2)に対応する。

「FDR-X3000」の本体サイズは29.4(幅)×47.0(高さ)×83.0(奥行)mm。重量は約114g(バッテリーとメディアを含む)。

「HDR-AS300」の本体サイズは29.4(幅)×47.0(高さ)×83.0(奥行)mm。重量は約109g(バッテリーとメディアを含む)。

市場想定価格は、4K対応のボディ単体モデル「FDR-X3000」が50,000円前後、4K対応のリモコン付き「FDR-X3000R」が65,000円前後、フルHD対応のボディ単体モデル「HDR-AS300」が40,000円前後、フルHD対応のリモコン付き「HDR-AS300R」が55,000円前後(いずれも税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、税別約25,000円で強力ブレ補正搭載のアクションカム「HDR-AS50」

【新製品ニュース】ソニー、4Kアクションカム「FDR-X1000V」を3/13発売

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY FDR-X3000 空間光学ブレ補正を搭載した4Kアクションカム 
SONY FDR-X3000R 空間光学ブレ補正を搭載した4Kアクションカム(リモコン付き) 
SONY HDR-AS300 空間光学ブレ補正を搭載したフルHDアクションカム 
SONY HDR-AS300R 空間光学ブレ補正を搭載したフルHDアクションカム(リモコン付き) 

関連コンテンツ

ビデオカメラ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト