DJI、2000万画素の1型センサー搭載ドローン「Phantom 4 Advanced」

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > ドローン・マルチコプター > DJI、2000万画素の1型センサー搭載ドローン「Phantom 4 Advanced」

DJI、2000万画素の1型センサー搭載ドローン「Phantom 4 Advanced」

2017年4月16日 7:15掲載

「Phantom 4 Advanced」 「Phantom 4 Advanced」 送信機

DJIは、ドローンの新モデル「Phantom 4 Advanced」を発表。4月末から5月上旬に出荷する予定だ。

有効2000万画素の1型センサーとメカニカルシャッターを装備したモデル。動画機能では、H.264フォーマットで60fps、H.265フォーマットで30fpsの4K動画撮記録に対応。「Phantom 4」と同様に、スムーズな自動飛行モードを可能にする、DrawモードやActiveTrack、TapFly、ジェスチャーモード、トライポッドモードなど、インテリジェントフライト機能も搭載する。

また、5つのカメラや前方障害物認識システム、デュアルバンド衛星測位システムと超音波センサーシステムから構成されるFlightAutonomyシステムも装備し、GPSがない環境でも正確なホバリングが可能になり、複雑な環境下でも飛行できるという。飛行時間は最大30分だ。

価格は「Phantom 4 Advanced」が179,000円、5.5型ディスプレイ一体型の送信機が付属する「Phantom 4 Advanced+」が214,000円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
DJI Phantom 4 Advanced 有効2000万画素の1型センサー搭載ドローン 
DJI Phantom 4 Advanced+ 有効2000万画素の1型センサー搭載ドローン(送信機付きモデル) 

関連コンテンツ

ドローン・マルチコプター関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト