ハギワラソリューションズ、書き込み最大460MB/sのプロ向けCFast 2.0カード

ホーム > 新製品ニュース > カメラ > CFast > ハギワラソリューションズ、書き込み最大460MB/sのプロ向けCFast 2.0カード

ハギワラソリューションズ、書き込み最大460MB/sのプロ向けCFast 2.0カード

2017年11月15日 14:45掲載

エレコムのグループ会社であるハギワラソリューションズは、プロフェッショナル向けCFast 2.0カードを発表。64GBの「DC-SMAN64GA」と128GBの「DC-SMANA1GA」を2018年1月より発売する。

プロフカメラマンや放送カメラマンに求められるパフォーマンスに加え、過酷な条件でも使用できる信頼性を持ち合わせたCFast2.0カード。

高品質な映像や写真を記録するだけでなく、過酷な環境でも使用できる高い耐環境性能や、消費電力を抑えることによる機動性の確保、製品寿命による交換時期の把握など、プロフェッショナルがメモリーカードに求める要件を高次元で満たしたという。

また、最大データ書き込み速度460MB/s、で最大読み込み速度480MB/sを実現。データを連続で記録した場合に発生する書込み速度の低下を抑えるため、ファームウェアの独自チューニング施し、データを連続で記録しても高い書き込み速度を維持でき、4K動画のような高画質映像の連続録画でも、コマ落ちのない安定した録画が可能。

陽の当たる灼熱の屋外、氷や雪に囲まれた極寒の地、さまざまな過酷な環境での使用を想定し、動作可能な温度範囲を「-25〜85度」に拡張。過酷な環境でもシャッターチャンスを逃さない。加えて、NANDフラッシュメモリにはMLCタイプを搭載しており、一般の民生向けメモリーカードに比べてデータ保持性能や書き換え寿命が長く、信頼性を重視した仕様となっている。

なお、同製品はキヤノン製の業務用デジタルビデオカメラ「XC10」と「EOS C300 MarkU」、デジタル一眼レフカメラ「EOS-1D X MarkU」に対応する(2017年11月現在)。

価格はオープン。

このほか、USB3.0接続のCFast 2.0メモリーカード専用リーダー/ライター「AC-SCDN001A」も同時に発売する。価格はオープン。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

CFast関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク