パイオニア、業界初のWi-Fi Direct対応BDプレーヤー

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > ブルーレイプレーヤー > パイオニア、業界初のWi-Fi Direct対応BDプレーヤー

パイオニア、業界初のWi-Fi Direct対応BDプレーヤー

2013年5月14日 16:25掲載

BDP-160 BDP-3120 BDP-3120

パイオニアは、業界で初めてWi-Fi Directに対応したブルーレイプレーヤーなど2機種を発表。「BDP-160」を6月下旬より、「BDP-3120」を5月下旬より発売する。

業界で初めて(5月14日現在)、「Wi-Fi Direct」に対応したブルーレイプレーヤー。自宅にWi-Fi環境がなくても、Wi-Fiを内蔵したスマートフォンとワイヤレスで接続でき、スマホに保存された動画をテレビの大画面で楽しむことができる。また、「YouTube Send to TV」にも業界で初めて対応。スマホで検索したYouTubeの動画を、「BDP-160」で再生することができる。動画の検索や再生/停止などの操作をスマホから直接行うことも可能だ。

そのほか、3Dデジタルカメラで撮影した3D静止画ファイル(MPO)や、デジタル放送を録画したBD-R/RE(BDAV)、DVD(AVCREC/VRモード/CPRM対応)、AVCHDTM方式で記録した映像など、様々なメディア・フォーマットの再生に対応。SACD(スーパーオーディオCD)の再生や、USBメモリーに保存したJPEG、MP3、WMA、WMV、FLAC、MKV、DivX Plus HDなどの再生も可能だ。

「BDP-3120」は、デジタル放送を録画したBD-R/RE(BDAV)、DVD(AVCREC/VRモード/CPRM対応)やAVCHDTM方式で記録した映像の再生に対応。USBメモリーに保存したJPEG、MP3、WMA、WMV、FLAC、MKV、DivX Plus HDなどの再生も可能だ。

2機種の主な仕様は、出力解像度が480/60i、480/60p、720/60p、1080/60i、1080/60p、1080/24p。インターフェイスは、HDMI端子×1系統、光デジタル出力端子×1系統、アナログ2ch音声出力端子×1系統、LAN端子×1系統、USB端子×2系統(BDP-3120は1系統)を装備した。本体サイズと重量は、「BDP-160」が435(幅)×58(高さ)×250(奥行)mmで、2.0kg。「BDP-160」は360(幅)×39(高さ)×208(奥行)mmで、1.2kg。ボディカラーは、「BDP-160」がブラック。「BDP-3120」がホワイトとブラックを用意した。

価格は、いずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
パイオニア BDP-160 Wi-Fi Directに対応したブルーレイプレーヤー 

関連コンテンツ

ブルーレイプレーヤー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト