東芝、タイムシフトマシン搭載BDレコーダー「レグザサーバー」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > ブルーレイ・DVDレコーダー > 東芝、タイムシフトマシン搭載BDレコーダー「レグザサーバー」

東芝、タイムシフトマシン搭載BDレコーダー「レグザサーバー」

[レグザサーバー DBR-M190] [レグザサーバー DBR-M190]

東芝は、ブルーレイレコーダー「REGZAブルーレイ」の新モデルとして、「レグザサーバー DBR-M190」と「レグザサーバー DBR-M180」の2機種を発表。12月中旬より発売する。

いずれも、「REGZAブルーレイ」として初めて「タイムシフトマシン」を搭載しているのが特徴。「タイムシフトマシン」専用の地デジチューナーを6基搭載しており、ユーザーの設定により、最大6ch分の過去の番組を「タイムシフトマシン」専用のHDDに録画し、一時保管することができる。リモコンの「タイムシフト」ボタンを押すことで録画した番組を過去番組表として表示することができ、見忘れてしまった番組でも簡単に検索し、見たい時に自由に楽しむことができる。

なお、「DBR-M190」は、「タイムシフトマシン」用に4TB、通常録画用に1TBのHDDを搭載しており、15日分過去にさかのぼって録画し、一時保管することが可能。「DBR-M180」は、「タイムシフトマシン」用に2TB、通常録画用に500GBのHDDを搭載しており、8日分過去にさかのぼって録画し、一時保管することが可能だ。

さらに、新モデル2機種では、液晶テレビ「REGZA」に採用している高画質映像処理システム「レグザエンジンCEVO」を「REGZAブルーレイ」として初めて搭載し、超解像技術採用「レゾリューションプラス6」による映像の高画質再生を実現。また、「YouTube」をはじめブロードバンドを通じて映像配信される「テレビ版Yahoo! JAPAN」、「T’s TV」、「アクトビラ ビデオ・フル」、「ひかりTV」にも対応している。

通常の録画機能については、地上・BS・110度CSデジタルチューナー×2を搭載し、同時に2つの番組を録画することができる「W録」に対応。MPEG4AVCトランスコーダーを搭載しており、長時間の同時録画にも対応する。「タイムシフトマシン」と「W録」の併用では、最大8ch分の同時長時間録画が可能だ。

また、外付けUSB HDDへの録画にも対応。外付けUSB HDDの接続については、1台当たり最大2TBまでで、最大8台まで登録できるほか、「REGZAブルーレイ」として初めて4台同時接続も可能となっている。なお、バスパワーにも対応しており、ACアダプターなしでも2.5インチHDDを使用可能だ。

このほか、家庭内ネットワークに接続された「REGZA」や「REGZA Tablet」、スマートフォンと放送中の番組や録画した番組を共有することができる「レグザリンク・シェア」を搭載したのもポイント。放送中のテレビ番組を「REGZA Tablet」に配信する機能や、録画した番組を「REGZA Tablet」、スマートフォンなどに配信する機能、録画した番組を「REGZA Tablet」などにダビングして持ち出す機能などを利用できる。

市場想定価格は、「DBR-M190」が20万円前後、「DBR-M180」が15万円前後。

■関連リンク

【新製品ニュース】東芝、4K2Kパネルを搭載した「REGZA 55X3」を発表

【新製品ニュース】東芝、REGZA Tabletと連携する「REGZAブルーレイ」など

【新製品ニュース】東芝、世界最薄・最軽量の「REGZA Tablet」など

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
東芝 REGZAブルーレイ DBR-M190 「タイムシフトマシン」を搭載したREGZAブルーレイ(タイムシフトマシン用4TB、通常録画用1TB) 
東芝 REGZAブルーレイ DBR-M180 「タイムシフトマシン」を搭載したREGZAブルーレイ(タイムシフトマシン用2TB、通常録画用500GB) 

ブルーレイ・DVDレコーダー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト