東芝、「ハイブリッドキャスト」対応の4K液晶TV「レグザ Z8X」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 液晶テレビ > 東芝、「ハイブリッドキャスト」対応の4K液晶TV「レグザ Z8X」

東芝、「ハイブリッドキャスト」対応の4K液晶TV「レグザ Z8X」

レグザ(REGZA) Z8Xシリーズ レグザ(REGZA) Z8Xシリーズ 84V型の「84Z8X」

東芝は、4K対応の液晶テレビ「レグザ(REGZA) Z8X」シリーズを発表。84V型「84Z8X」と65V型「65Z8X」、58V型「58Z8X」の3機種を、6月下旬より発売する。

フルHDの4倍の画素数を持つ4K(3840×2160ドット)パネル搭載の液晶テレビ。ラインアップとして、84V型「84Z8X」と65V型「65Z8X」、58V型「58Z8X」の3機種をそろえた。新開発の画像処理エンジン「レグザエンジンCEVO 4K」と4Kパネルで構成される高画質映像処理システム「シネマ4Kシステム」により、大画面と高画質を両立させた。映画などのブルーレイディスク(BD)からデジタル放送まで、さまざまなコンテンツを高画質で楽しめる。BDのフルHD映像を4K映像に近い画質(水平解像度復元率90%)で再現し、高精細な映像で表示することが可能だ。

「レグザエンジンCEVO 4K」には、新しい超解像技術を搭載した。きめ細かい質感を復元する「微細テクスチャー復元」や、映像の光沢成分を制御して輝き感のある映像を再現する「輝き復元」、画素単位で最適な超解像処理を行って精細感を向上させる「絵柄解析 再構成型超解像技術」により、高画質化を実現している。また、業界で初めて、テレビとスマホ・タブレット端末をリアルタイムで連動できる放送・通信連係サービス「ハイブリッドキャスト」に対応した。

録画機能では、地デジ放送の中から最大6チャンネル約80時間分をまるごと録画し、さかのぼって視聴できる「タイムシフトマシン」を搭載。また、「タイムシフトマシン」で録画された番組から、「今見ている番組に関連する番組」や「いつも見ている番組」など、ユーザーの好みに合わせて番組を提案する「ざんまいプレイ」にも対応。クラウドサービスの「TimeOn(タイムオン)」では、クラウド上の番組情報を利用して、録画番組を場面ごとに区切った「シーンリスト」を表示し、シーン単位で視聴できる「みどころシーン再生」などができる。

音質面では、左右2基ずつ計4基のスピーカーボックスを配置したバスレフ型スピーカーユニットを搭載。総合出力40Wの高出力で駆動する専用アンプを内蔵した。独自開発の音声補正技術「レグザ サウンド イコライザー」を利用して、量感のある低音とクリアで透明度の高いサウンドが楽しめる。また、スピーカーを画面下に配置することで、狭額縁デザインを実現した。

「84Z8X」の希望小売価格は168万円。「65Z8X」は75万円前後、「58Z8X」は50万円前後となっている(「65Z8X」と「58Z8X」は市場想定価格)。

■関連リンク

【価格.comマガジン】誕生!“Z”シリーズの4K液晶テレビ「REGZA Z8X」シリーズ

【新製品ニュース】東芝、純正HDDも当たる4K液晶TV「REGZA Z8X」購入キャンペーン

【トレンドニュース】4K液晶テレビの価格が急落!55V型クラスは相次いで30万円を切り、安…

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
東芝 REGZA 84Z8X [84インチ] 4K(3840×2160ドット)パネル搭載の液晶テレビ 
東芝 REGZA 65Z8X [65インチ] 4K(3840×2160ドット)パネル搭載の液晶テレビ 
東芝 REGZA 58Z8X [58インチ] 4K(3840×2160ドット)パネル搭載の液晶テレビ 

液晶テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト