ソニー、税別19.5万円の49V型4K液晶「BRAVIA KJ-49X8000C」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 液晶テレビ > ソニー、税別19.5万円の49V型4K液晶「BRAVIA KJ-49X8000C」

ソニー、税別19.5万円の49V型4K液晶「BRAVIA KJ-49X8000C」

2015年11月4日 13:07掲載

BRAVIA KJ-49X8000C BRAVIA KJ-49X8000C BRAVIA KJ-49X8000C

ソニーは、4K液晶テレビの新製品として、49V型モデル「BRAVIA KJ-49X8000C」を発表。11月21日より発売する。

「高精細」「広色域」「高コントラスト」を向上させる4Kプロセッサー「X1」や、さまざまな映像を4K画質に変換する超解像エンジン「4K X-Reality PRO」を搭載したモデル。なお、「X8500C」シリーズに搭載されている、倍速機能や広色域技術「トリルミナスディスプレイ」は省略されている。

機能面では、「Android TV」に対応しており、音声検索やアプリなどを利用することが可能。USB HDD録画機能では、裏番組の録画に対応する。

音質面では、CD以上(48kHz/24bit)にアップスケーリング(2chのみ)する「DSEE」や、コンパクトながらクリアで迫力あるサウンドを実現する「バスレフ型スピーカー」を装備した。

このほか、チューナーは、地上・BS・110度CSデジタルのダブルチューナーに加えて、4K放送チューナーも搭載。無線LANを内蔵。リモコンは、直感的なタッチ操作が可能な「タッチパッドリモコン」が付属する。

本体サイズは110.7(幅)×69.1(高さ)×24.6(奥行)cm(スタンド含む)。重量は14.3kg(スタンド含む)。

市場想定価格は195,000円前後(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY BRAVIA KJ-49X8000C [49インチ] 「Android TV」に対応した49V型4K液晶テレビ 

液晶テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト