パナソニック、お部屋ジャンプリンク対応の液晶テレビ「VIERA D300」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 液晶テレビ > パナソニック、お部屋ジャンプリンク対応の液晶テレビ「VIERA D300」

パナソニック、お部屋ジャンプリンク対応の液晶テレビ「VIERA D300」

2016年1月8日 16:31掲載

「VIERA D300 シリーズ」 「VIERA D300 シリーズ」 「VIERA D300 シリーズ」

パナソニックは、液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」の新モデルとして「D300 シリーズ」を発表。49V型「TH-49D300」、43V型「TH-43D300」32V型「TH-32D300」、24V型「TH-24D300」を1月22日より発売する。

ほかの部屋のディーガやビエラで録画した番組を、ネットワーク経由で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」機能に対応した地上/BS/110度CS対応の液晶テレビ。また、「放送転送機能」対応のディーガやビエラから、転送された放送番組の追っかけ再生を受信することで、アンテナ線のない部屋でも、ほぼリアルタイムでテレビ放送番組を視聴できる。

さらに、別売りのUSB HDDを接続することで、番組録画が可能。録画予約は番組表から録画したい番組を選ぶだけで完了し、視聴中の番組録画もリモコンのボタンを押すだけで行える。USB HDDは8台まで登録可能で、USB HDDに録画した番組は、LAN経由で接続しているディーガにダビングができるほか、BDやDVDへ保存できる。

このほか、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)に対応しており、ARC対応のホームシアターを接続することで迫力の音質で映像を楽しめるという。

なお、49V型、43V型、32V型は、視野角が広く斜めから見てもきれいなIPS液晶パネルを採用した。

インターフェイスは、HDMI×2、D4×1(「TH-24D300」を除く)、ビデオ入力×1、USB×1、ヘッドホン×1、LAN×1を装備。画面解像度は、49V型と43V型が1920×1080ドット、32V型と24V型が1366×768ドット。

本体サイズは、「TH-49D300」が110.6(幅)×68.9(高さ)×26(奥行)cm、「TH-43D300」が97.4(幅)×61.4(高さ)×24.7(奥行)cm、「TH-32D300」が73.4(幅)×47.8(高さ)×18.4(奥行)cm、「TH-24D300」が56.2(幅)×40.9(高さ)×18(奥行)cm。

重量は、「TH-49D300」が14.5kg、「TH-43D300」が12kg、「TH-32D300」が6kg、「TH-24D300」が5kg(サイズ、重量ともにスタンドあり)。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
パナソニック VIERA TH-49D300 [49インチ] お部屋ジャンプリンク対応の地上/BS/110度CS液晶テレビ 
パナソニック VIERA TH-43D300 [43インチ] お部屋ジャンプリンク対応の地上/BS/110度CS液晶テレビ 
パナソニック VIERA TH-32D300 [32インチ] お部屋ジャンプリンク対応の地上/BS/110度CS液晶テレビ 
パナソニック VIERA TH-24D300 [24インチ] お部屋ジャンプリンク対応の地上/BS/110度CS液晶テレビ 

液晶テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト