SANSUI、自動チャプター機能を新搭載した「日本設計」の39型1波液晶

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 薄型テレビ > SANSUI、自動チャプター機能を新搭載した「日本設計」の39型1波液晶

SANSUI、自動チャプター機能を新搭載した「日本設計」の39型1波液晶

2017年3月16日 14:06掲載

SCM39-B11

ドウシシャは、「SANSUI」ブランドより、39型1波液晶テレビ「SCM39-B11」を発表。3月下旬より発売する。

地上デジタル放送受信および、外付けUSBハードディスク(別売り)による番組録画が可能な39型1波液晶テレビ。SD(標準画質)信号を精細に表現する超解像技術「美・彩・細エンジン」を搭載するほか、パネルから出るブルーライトを低減するブルーライトガード機能、独自開発の和紙素材を使用したW-RPMスピーカーを搭載し、画質だけでなく音質にもこだわった製品となっている。

また、テレビ番組を録画する際に、CM開始及び終了を自動検出してチャプター(区切り)マークを設定する「自動チャプター機能」を搭載。これにより、録画番組を視聴中にCMが始まったとき、リモコンのスキップボタンを押すだけで簡単にCMをスキップできる。さらに、音楽番組等でのアーティストの歌い出し(曲の開始)を検出してチャプターマークを自動設定することも可能だ。

なお、同製品には東芝映像ソリューション開発のメインボードを採用。製品の評価や品質管理、生産時の工程管理については福井県越前市に拠点を置く当社の品質管理専門チームで実施しており、「日本設計」の製品となっている。

このほか、超解像処理レベルを自動調整するピクチャーエンハンサー機能や、週間番組表機能などを搭載。操作性と利便性が向上しているという。

本体サイズは888(幅)×575(高さ)×210(奥行)mm(スタンド含む)、重量が8.7kg。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SANSUI SCM39-B11  自動チャプター”機能を新搭載した39型液晶テレビ 

関連コンテンツ

薄型テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト