LG、「Tru Nano Display」で画質がアップした4K液晶テレビの17年モデル

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 薄型テレビ > LG、「Tru Nano Display」で画質がアップした4K液晶テレビの17年モデル

LG、「Tru Nano Display」で画質がアップした4K液晶テレビの17年モデル

2017年3月16日 16:38掲載

「SJ8500」シリーズ 「SJ8000」シリーズ 「UJ7500」シリーズ

LGエレクトロニクス・ジャパンは、4K液晶テレビの2017年モデルとして、「SJ8500」「SJ8000」「UJ7500」「UJ6500」シリーズを発表。4月上旬より発売する。

いずれも、独自の「IPS 4K」液晶パネルを搭載したモデル。カラーフィルターの上に、1nmという極小の粒子を精密に敷きつめるという、ナノ技術「Tru Nano Display」(「UJ6500」シリーズを除く)を導入。繊細でナチュラルな色合いを、きわめて正確に再現するほか、斜め視聴時の色再現性も向上させている。

また、HDRでは「Active HDR with Dolby Vision」(「UJ6500」シリーズを除く)に対応。独自技術「Active HDR」と「ドルビービジョン」で、映像に備わった明暗情報、色彩情報を引き出し、本来あるべき輝きと明るさ、色彩で再現する。

操作性では、シンプルな操作感覚の「webOS 3.5」を搭載するほか、マジックリモコンによる音声検索が可能。ダブルチューナーを採用しており、USB HDDによる裏番組録画に対応する。

■「SJ8500」シリーズ

「SJ8500」シリーズは、65V型/60V型/50V型をラインアップ。部分制御に対応したエッジ型LEDバックライトを搭載。高画質機能として、倍速機能の「TruMotion 240」(4倍速相当)、画質エンジン「Color Master Engine」、HDRの「Active HDR with Dolby Vision」を装備。音質面では、harman/kardonとの共同開発のスピーカーを搭載する。

市場想定価格は、65V型が350,000円前後、60V型が320,000円前後、50V型が260,000円前後(いずれも税別)。

■「SJ8000」シリーズ

「SJ8000」シリーズは、55V型/49V型をラインアップ。部分制御に対応したエッジ型LEDバックライトを搭載。高画質機能として、倍速機能の「TruMotion 240」(4倍速相当)、画質エンジンの「Color Master Engine」、HDRの「Active HDR with Dolby Vision」を装備。音質面では、harman/kardonとの共同開発のスピーカーを搭載する。

市場想定価格は、55V型が230,000円前後、49V型が210,000円前後(いずれも税別)。

■「UJ7500」シリーズ

「UJ7500」シリーズは、43V型をラインアップ。部分制御に対応したエッジ型LEDバックライトを搭載。高画質機能として、倍速機能の「TruMotion 120」(2倍速相当)、画質エンジンの「Color Master Engine」、HDRの「Active HDR with Dolby Vision」を装備する。

市場想定価格は170,000円前後(税別)。

■「UJ6500」シリーズ

「UJ6500」シリーズは、60V型/55V型/49V型/43V型をラインアップ。バックライトは、60V型/55V型がエッジ型LEDバックライトを、49V型/43V型が直下型LEDバックライトを搭載。高画質機能として、倍速機能の「TruMotion 120」(2倍速相当)、画質エンジンの「Color Master Engine」、HDRの「Active HDR」を装備する。

市場想定価格は、60V型が260,000円前後、55V型が210,000円前後、49V型が170,000円前後、43V型が150,000円前後(いずれも税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
LGエレクトロニクス 65SJ8500 [65インチ] 「Tru Nano Display」や「Active HDR with Dolby Vision」を採用した4K液晶テレビ(65V型) 

関連コンテンツ

薄型テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト