ノジマ、“日本製ボード”採用の4K液晶テレビを53,800円から発売

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 薄型テレビ > ノジマ、“日本製ボード”採用の4K液晶テレビを53,800円から発売

ノジマ、“日本製ボード”採用の4K液晶テレビを53,800円から発売

2017年10月10日 17:30掲載

55V型「ECS-TU55R) 49V型「ECS-TU49R」

ノジマは、プライベートブランド「ELSONIC」より、4K対応液晶テレビの55V型「ECS-TU55R」と49V型「ECS-TU49R」を発表。10月7日より予約受付を開始し、11月上旬より順次発売する。

いずれも、解像度3840×2160ドットに対応したモデル。メイン基盤に「日本製ボード」を採用したことで「ノイズ軽減を向上させ、より肉眼で見たときに近い映像を再現」するという。さらに、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを2系統ずつ装備し、別売りの外付けUSB HDDを使った録画に対応。裏番組録画も可能だ。

このほか、「低遅延機能」「節電モード」「ON/OFFタイマー」などに加えて、付属のリモコンで他社製レコーダーの一部機能を操作できる「HDMI連動機能」、デジタル音声をスピーカーに送る「ARC機能」も搭載した。

主な仕様は共通で、コントラスト比が4000:1、スピーカーが10W×2、視野角が176度。「ECS-TU55R」の本体サイズは1253(幅)×791(高さ)×305(奥行)mm、重量は13.7kg。「ECS-TU49R」の本体サイズは1100(幅)×687(高さ)×260(奥行)mm、重量は10.05kg。

価格は、55V型「ECS-TU55R」が69,800円、49V型「ECS-TU49R」が53,800円(いずれも税別)。予約特典として「4K対応のアクセサリー」をプレゼントするという。

なお同社では、外付けHDD録画に対応した32V型液晶テレビ「ECS-T32R」、24V型地デジ専用液晶テレビ「ECS-T24R」も順次発売する予定。また、今回発売する4Kテレビに対応した、YouTubeなどの動画をテレビで視聴できるアダプターも発売するとのことだ。

■関連リンク

【新製品ニュース】ドン・キホーテ、“メインボード非公表”の4Kテレビ第2弾を54,800円で発売

ニュースリリース


関連コンテンツ

薄型テレビ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク