オンキヨー、サブウーハー2基搭載シアターラック

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > ホームシアター スピーカー > オンキヨー、サブウーハー2基搭載シアターラック

オンキヨー、サブウーハー2基搭載シアターラック

2010年9月28日 19:50掲載

[CB-HT1200]

オンキヨーは、シアターラックシステムの新モデル「CB-HT1200」を10月28日より発売する。

3D映像伝送やオーディオリターンチャンネルに対応する「HDMI ver.1.4a」端子を入力3系統、出力1基系統装備する。HDMI連動機能「RI HD」を搭載しており、パナソニック、東芝、シャープ製TVに対応している。新たに、日立製TVにも対応した。また、HDサラウンドに対応したデコーダーを搭載し、音声規格「Dolby TrueHD」「DTS-HD Master Audio」にも対応している。

音質面では、アンプ回路に、単品上級コンポと同じ設計手法を採用。各回路同士がノイズ干渉を受けにくくするような最適な内部レイアウト配置や配線、電源管理やグランド管理などでノイズ低減を図っているという。さらに、スピーカー駆動力を高めるための充分な容量の電解コンデンサーを採用し、信号処理のレベル基準(グランド電位)の安定化を図る極太の銅バスプレート、デジタル機器固有のノイズを大幅に除去する「VLSC」回路なども搭載した。

また、サブウーハー用ユニットを2基搭載。左右キャビネットの底面に13cm径の大型ユニットを下向きにマウントし、躍動感に満ちた重低音再生を可能にする。

機能面では、付属の測定用マイクを使って自動的に、スピーカーの数、視聴位置からの距離などを測定して各スピーカーのレベルや距離に応じたディレイタイムを設定できる機能「Audyssey2EQ」を装備。「Audyssey2EQ」は視聴エリアの3ポイントまでの測定に対応。座る位置によって、サラウンド効果にできるだけ違いが出ないように広いサービスエリアを確保している。フロントサラウンド時だけでなく、スピーカーを増設して5.1chに拡張したときにも使用できる。

主な仕様として、実用最大出力は30W×5ch(6Ω)+60W(3Ω)、本体サイズは1200(幅)×399(高さ)×413(奥行)mmで重量45kg。価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
ONKYO CB-HT1200 サブウーハーを2基搭載した3D映像対応シアターラックシステム 

ホームシアター スピーカー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト