パイオニア、4Kパススルー対応の5.1chスピーカーバーシステムなど

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > ホームシアター スピーカー > パイオニア、4Kパススルー対応の5.1chスピーカーバーシステムなど

パイオニア、4Kパススルー対応の5.1chスピーカーバーシステムなど

2014年8月6日 17:14掲載

HTP-SB760 HTP-S767 HTP-S363

パイオニアは、ホームシアターシステムの新モデルとして、バータイプ2機種とセパレートスピーカータイプ2機種を発表。5.1chスピーカーバーシステム「HTP-SB760」、3.1chスピーカーバーシステム「HTP-SB560」、5.1chサラウンドシステム「HTP-S767」「HTP-S363」を8月下旬より発売する。

いずれも、薄型テレビの周りにすっきりと設置できるうえ、リビングのインテリアにも調和するスリムなデザインを採用。全モデルのセンタースピーカーに、高音域の感度を上げて歪みを低減させる銅キャップを採用した「ワイドバンドフルレンジユニット」を備えており、高音をクリアに再生することで、セリフを聞き取りやすくする。また、バータイプスピーカーにもセンタースピーカーを装備しており、明瞭なセリフの定位を実現した。

さらに、臨場感のあるコンテンツを再生する際、重低音を損なわずに振動や音漏れを低減する「マナーモード」、ニュースやバラエティなど人の声が中心の番組を見る際に低音成分そのものをカットする「マナーモード2」も搭載した。

仕様面では、Bluetoothを使ったワイヤレス再生に対応するほか、NFCもサポート。また、4K映像信号(4K/60p)を伝送できるHDMI 2.0に準拠したHDMI端子(入力×3、出力×1)を装備し、4K対応機器と接続して高画質な映像を「4Kパススルー」機能でディスプレイにそのまま伝送できる。

上位モデルの5.1chスピーカーバーシステム「HTP-SB760」は、横幅110cmのバータイプスピーカーを採用し、50V型以上の大型テレビのサイズに適したモデル。独自のサラウンド技術「フロントバーモード」によって、後方にスピーカーがあるようなサラウンド音場を再現する。また、両サイドのスピーカーを取り外して後方に設置すれば、本格的な5.1chシアターシステムとして楽しめる。

「HTP-SB760」のアンプサブウーハー部は、総合出力が140W、本体サイズが436(幅)×123(高さ)×362(奥行)mm(横置き時)、重量が7.5kg。スピーカー部(フロント/センター/サラウンドスピーカー)は密閉式で、本体サイズが1101(幅)×99または87(高さ)×97(奥行)mm(スタンド使用時)、重量が2.2kg(サラウンドスピーカー連結、スタンド使用時)。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
パイオニア HTP-SB760 5.1chスピーカーバーシステム 
パイオニア HTP-SB560 3.1chスピーカーバーシステム 
パイオニア HTP-S767 5.1chサラウンドシステム 
パイオニア HTP-S363 5.1chサラウンドシステム 

関連コンテンツ

ホームシアター スピーカー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト