音茶楽×Olasonic、ツイン・イコライズド・エレメント方式のカナル型ヘッドホン

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > イヤホン・ヘッドホン > 音茶楽×Olasonic、ツイン・イコライズド・エレメント方式のカナル型ヘッドホン

音茶楽×Olasonic、ツイン・イコライズド・エレメント方式のカナル型ヘッドホン

2013年8月7日 12:04掲載

TH-F4N TH-F4N TH-F4N

東和電子は、音茶楽とコラボレーションした、カナル型ヘッドホン「TH-F4N」を発表。10月上旬より発売する。

10mm径ドライバーエレメントを2個搭載し、13.5mm相当の大口径エレメントと同等な振動板面積を確保することで、重低音域を強化したカナル型ヘッドホン。また、2つのドライバーエレメントを対向させて配置し、エレメント間を位相補正パイプで接続する「ツイン・イコライズド・エレメント方式」を採用。パイプの長さを外耳道の長さに合わせることで不要なピークを抑え、付帯音のない澄み切った音質を実現する。

さらに、センターキャビネットには制振効果のあるM2052制振合金粉体塗料により防振処理を行い、位相補正チューブにも防振塗装を施すことで、今まで聴こえなかったかすかな余韻まで美しく再生できるという。

このほか、イヤーピースに「コンプライフォームイヤチップ」を採用し、不快なタッチノイズを軽減。主な仕様は、出力音圧レベルが104dBSPL/mW、周波数特性が3.5〜35kHz、最大入力が400mW、インピーダンスが18Ω。コード長は1.2m(Y型)。重量は約18g。MとLサイズの「コンプライフォームイヤチップ」、クロス、収納ケースなどが付属する。

市場想定価格は48,800円前後。

ニュースリリース


関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク