クリエイティブ、BAドライバーを搭載したイヤホン2モデル

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > イヤホン・ヘッドホン > クリエイティブ、BAドライバーを搭載したイヤホン2モデル

クリエイティブ、BAドライバーを搭載したイヤホン2モデル

2015年5月14日 12:36掲載

クリエイティブメディアは、イヤホンブランド「Aurvana シリーズ」より、「In-Ear3 Plus」「In-Ear2 Plus」を発表。5月中旬より直販限定で発売する。

周辺で発生する環境音などのノイズを大幅にカットしたインナーイヤータイプのイヤホン。「In-Ear3 Plus」で最大約98%、「In-Ear2 Plus」で最大約95%の遮音性(同社測定条件の場合)を実現した。

また、いずれもバランスドアーマチュアドライバーを搭載し、チューニングも最適化した点が特徴。「In-Ear3 Plus」は、左右のイヤホンにそれぞれ2基のドライバーを搭載する「デュアルバランスドアーマチュアドライバー」を採用。各ドライバーをツイーター用およびウーハー用に配置し、2Way構成によって、高音域をより繊細に、中低音域をより豊かに再生することができる。

「In-Ear2 Plus」は、アコースティックグリル設計の高音質バランスドアーマチュアドライバーを採用。スムーズなオーディオレスポンスで濃密な迫力サウンドを実現し、さまざまジャンルの音楽にマッチするという。

このほか、ケーブルは、劣化の少ない信号伝達を実現するOFCケーブルを採用。コード部分にインライン型リモートコントローラー/マイクを備え、iPhoneやAndroidスマートフォンなどでの音声通話や操作、音楽再生などが可能だ。

「In-Ear3 Plus」の主な仕様は、再生周波数帯域が10Hz〜17kHz、感度が112dB/mW、インピーダンスが28Ω。ケーブルはOFCケーブルを採用、絡みに強いナイロン素材で編み上げたケーブル被覆を施した。コード長は1.3mでコードタイプはL型となる。重量は約15g。

「In-Ear2 Plus」の主な仕様は、再生周波数帯域が15Hz〜16kHz、感度が110dB/mW、インピーダンスが42Ω。ケーブルはOFCケーブルを採用、コード長は1.2mでコードタイプはL型となる。重量は約12g。

直販価格は、「In-Ear3 Plus」が15,800円、「In-Ear2 Plus」が10,800円(いずれも税抜)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
CREATIVE HS-AVNIE3P   バランスドアーマチュアドライバー搭載のイヤホン 
CREATIVE HS-AVNIE2P  バランスドアーマチュアドライバー搭載のイヤホン 

関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト