ソニー、ノイキャン対応のハイレゾイヤホン「h.ear in NC」など

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > イヤホン・ヘッドホン > ソニー、ノイキャン対応のハイレゾイヤホン「h.ear in NC」など

ソニー、ノイキャン対応のハイレゾイヤホン「h.ear in NC」など

2015年9月8日 17:26掲載

MDR-100A MDR-EX750AP MDR-EX750NA

ソニーは、ヘッドホン/イヤホンの新シリーズ「h.ear」を発表。ステレオヘッドホン「h.ear on MDR-100A」、密閉型インナーイヤータイプのイヤホンでリモコン付モデル「h.ear in MDR-EX750AP」とリモコン非搭載モデル「h.ear in MDR-EX750」、ノイズキャンセリングイヤホン「h.ear in NC MDR-EX750NA」を発表。10月10日より発売する。

いずれも、ハイレゾ対応のヘッドホン・イヤホン。一体感のあるシンプルなフォルムが特徴で、ボディカラーは、単色によるシンプルな表現を徹底。本体からケーブルまで異なる素材、仕上げのパーツをすべて同じ色味になるように合わせ込んだ。

また、ヘッドホン「h.ear on MDR-100A」とリモコン付イヤホン「h.ear in MDR-EX750AP」のカラーラインアップは、深みのある色合いから色鮮やかなものまで、中間的な色相の全5色を採用。ユーザーのスタイルに合わせやすい色を厳選したという。

■ステレオヘッドホン「h.ear on MDR-100A」

40mm径のドライバーユニットに、高剛性のチタンコーティングを施したドーム部を持つ振動板を採用したステレオヘッドホン。不要な振動を抑制し、ハイレゾ音源の広域を含めてクリアな音質で楽しめる60kHzまでの広域再生を実現した。

イヤーパッドは、立体縫製を採用することで装着性が向上し、機密性を高め、音漏れも低減。重低音域の迫力を再現できるという。さらに、ハウジング部はコンパクトに折りたためるため、持ち運びに便利だ。

主な仕様は、再生周波数帯域が5Hz〜60000Hz、感度が103dB/mW、インピーダンスが24Ω(1kHzにて)、最大入力が1500mW(IEC)、コード長が約1.2m、重量が約220g(ケーブル含まず)。ボディカラーはビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色。

市場想定価格は22,000円前後(税別)。

■密閉型インナーイヤーイヤホン「h.ear in MDR-EX750/EX750AP」

新開発の9mm径ダイナミックドライバーを搭載した密閉型インナーイヤーイヤホン。音質面では、振動板の形状をはじめとしてドライバーユニットの構造を最適化することで、小型でありながら高感度で広帯域40kHzの再生を実現。また、アルミニウムハウジングを採用して不要な振動を抑え、クリアな音質を再生できる。なお、「MDR-EX750AP」には、マイク内蔵のリモコンが付属し、スマートフォンでハンズフリー通話が可能だ。

主な仕様は、再生周波数帯域が5Hz〜40000Hz、感度が105dB/mW、インピーダンスが16Ω(1kHzにて)、最大入力が100mW(IEC)、コード長が約1.2m、重量が約5g(ケーブル含まず)。

ボディカラーは「MDR-EX750AP」がビリジアンブルー、シナバーレッド、チャコールブラック、ライムイエロー、ボルドーピンクの5色を用意。「MDR-EX750」はチャコールブラックのみ。

市場想定価格は「h.ear in MDR-EX750AP」が11,000円前後、「h.ear in MDR-EX750」が10,000円前後(いずれも税別)。

■「h.ear in NC MDR-EX750NA」

インナーイヤー型のハイレゾ対応ヘッドホンとして、世界初(同社調べ)となるデジタルノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホン。イヤホンの内側と外側2つのマイクでノイズを集音し、騒音を打ち消す効果のある信号を高精度に生成することが可能。ノイズをより低減しながら、ハイレゾ音源の再生を実現した。

また、周囲の騒音を常に分析し、最も効果的なノイズキャンセリングを自動で選択する、「フルオートAI(Artifical Intelligence)ノイズキャンセリング機能」も搭載する。

音質面では、「h.ear in MDR-EX750」などと同様の、新開発9mm径ダイナミックドライバーユニットを採用。マイク内蔵のリモコンが付属し、スマートフォンでハンズフリー通話も可能だ。

主な仕様は、再生周波数帯域が5Hz〜40000Hz、感度が103dB/mW(ON時)/ 100dB/mW(OFF時)、インピーダンスが32Ω(ON時、1kHzにて)/17Ω(OFF時、1kHzにて)、最大入力が150mW(IEC)。電源が充電式リチウムイオン電池を内蔵し、充電時間が約2.5時間(フル充電)、電池持続時間が約16時間(フル充電時)。コード長が約1.2m、重量が約27g(ケーブル含まず)。ボディカラーはチャコールブラックのみ。

市場想定価格は21,000円前後(税別)。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソニー、ハイレゾ45時間再生対応のウォークマン「NW-ZX100」

【新製品ニュース】ソニー、ハイレゾ対応NCイヤホンを同梱したウォークマン「NW-A20」シリーズ

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY h.ear on MDR-100A ハイレゾ対応ヘッドホン 
SONY h.ear in MDR-EX750AP リモコン付きのハイレゾ対応イヤホン 
SONY h.ear in MDR-EX750 ハイレゾ対応イヤホン 
SONY h.ear in NC MDR-EX750NA ノイキャン付きハイレゾ対応イヤホン 

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト