映画館のような立体音を鳴らす、1,999円のバーチャル5.2ch対応3Dイヤホン

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > イヤホン・ヘッドホン > 映画館のような立体音を鳴らす、1,999円のバーチャル5.2ch対応3Dイヤホン

映画館のような立体音を鳴らす、1,999円のバーチャル5.2ch対応3Dイヤホン

2017年1月6日 16:01掲載

上海問屋は、映画館のような迫力ある立体サラウンドを楽しめるイヤホン「バーチャル5.2ch 3Dイヤホン DN- 914310」の発売を開始した。

映画館のような立体サラウンドを体感できるバーチャル5.2chの3Dイヤホン。映画鑑賞やゲーム、VRコンテンツで使用すると、360度全方位で音が出ている場所から聞こえるため、より臨場感のある音声を楽しめる。

また、映画で後ろから拳銃で撃たれるシーンであれば、背後から銃声が聞こえるように、音声の立体感を感じるられるほか、Youtubeなどでも3D音声の動画を再生できる(視聴するコンテンツにより、聴こえ方に差あり)。

本体は、ハウジングがアルミ材質で高級感があり、ドライバーユニットは大口径15.4mmと迫力のサラウンドを鳴らす。さらに、S/Lサイズの交換用イヤーチップ(Mサイズはイヤホンに装着)とイヤホンケースが付属する。

主な仕様は、再生周波数帯域が20Hz〜20kHz、最大入力が4mW、感度が100dB(1KHz ±3dB)、インピーダンスが64Ω±15%、ケーブル長が約1.25m(Y型)。

価格は1,999円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
上海問屋 バーチャル5.2ch 3Dイヤホン(914310)  映画館のような立体サラウンドを体感できるバーチャル5.2chの3Dイヤホン 

関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト