FIIL、イヤホン左右を識別しやすいiFデザインプロダクト賞受賞の「Besti」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > イヤホン・ヘッドホン > FIIL、イヤホン左右を識別しやすいiFデザインプロダクト賞受賞の「Besti」

FIIL、イヤホン左右を識別しやすいiFデザインプロダクト賞受賞の「Besti」

2017年2月17日 12:40掲載

「Besti」 「Besti」 「Besti」

e☆イヤホンは、同社の独占先行取扱いブランド「FIIL(フィール)」の第2弾モデルとして、日本初上陸のイヤホン「Besti」の取り扱いを開始。2月18日より同社全店にて発売する。

2016年のiFデザインプロダクト賞を受賞したデザインと、非対称設計のハウジングを採用し、左右、前後の識別を容易にした、快適な装着を両立させたカナル型イヤホン。

ハイブリッドなデュアルドライバー(ダイナミック+バランスドアーマチュア)を搭載したことで、透明感のある中高音再生と迫力のある低音を実現。特に、ポップミュージック/ボーカル系に適したバランスのとれた周波数特性にチューニングを施し、全帯域でバランスの取れた設計となっている。

また、MFi(Made For iPhone/iPad/iPod)認証を取得済みで、iOS/Android両対応のマイクを搭載する。

主な仕様は、周波数特性が10Hz〜40000Hz、感度が115dB、インピーダンスが18Ω。ケーブル長は1.2mでリモコン・マイク機能搭載、プラグは3.5mmステレオミニケーブル(4極)、重量が約16.5g。ボディカラーはレッド、ブラック、グレーの3色を用意した。

価格は、店頭価格が10,620円、WEB価格が11,800円(ポイント10%)。


関連コンテンツ

イヤホン・ヘッドホン関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク