TEAC、シンクロ録音機能を搭載したCDレコーダー

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > CDプレーヤー > TEAC、シンクロ録音機能を搭載したCDレコーダー

TEAC、シンクロ録音機能を搭載したCDレコーダー

2010年9月27日 12:30掲載

[CD-RW890]

ティアックは、CDレコーダーの新モデルとして「CD-RW890」を10月1日より発売する。

レコードやカセットテープ、MD、CDなどのプレーヤーを接続し、音楽用CD-R/RWにダビングできるフルサイズコンポのCDレコーダー。CDプレーヤーなどをデジタル接続することで、曲の頭で自動的に録音をスタートするシンクロ録音機能を搭載している。

また、レコードやカセットテープの録音時、無音部分を感知して自動で曲番を繰り上げるオートトラック機能を備えており、トラック番号を自動で付けることが可能だ。デザインは、左側にディスプレイと電源スイッチを、右側には操作ボタンやヘッドホン端子を配置。CDドライブ部は、音質に悪影響を及ぼす不要な振動を低減させるためセンター配置を採用したという。

このほか、インターフェイスとして、光デジタル音声入力端子、アナログ音声入力端子(RCA)、アナログ音声出力端子(RCA)を各1系統を装備。本体サイズは、435(幅)×104(高さ)×285(奥行)mmで重量4.5kg。リモコンが付属する。

価格は52,500円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
TEAC CD-RW890-S [シルバー] シンクロ録音機能やオートトラック機能を搭載したフルサイズコンポのCDレコーダー 

CDプレーヤー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト