ソニー、ハイレゾフォーマットでPCに録音できるレコードプレーヤー

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > その他オーディオ機器 > ソニー、ハイレゾフォーマットでPCに録音できるレコードプレーヤー

ソニー、ハイレゾフォーマットでPCに録音できるレコードプレーヤー

2016年3月16日 18:30掲載

PS-HX500 PS-HX500 PS-HX500

ソニーは、ステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」を発表。4月16日より発売する。

アナログレコードの再生のほか、レコードの音をハイレゾフォーマットでパソコンに録音・保存ができるステレオレコードプレーヤー。アナログからDSD2.8MHz、または5.6MHzへのネイティブ変換に対応したADコンバーターを採用し、アナログレコードの音を最大DSD5.6MHz、最大192kHz/24bitのリニアPCM方式などのハイレゾ・ファイルフォーマットで録音、保存が可能だ。

録音中の音はパソコンでモニタリングできるため、オーディオシステムのスピーカーの音を出す必要はない。さらに、外部からの振動の影響を極力抑えることで、アナログレコードの音の質感を損なうことなく録音できるという。

加えて、録音した音源はハイレゾ再生対応のウォークマンやHDDオーディオプレーヤーなどの他機器で楽しめる。このほか、新開発の専用パソコンアプリ「Hi-Res Audio Recorder」をインストールすることで、簡単に録音および編集が可能。アプリは同社サイトから無料でダウンロードできる。

性能面では、新設計のストレートトーンアームの採用により安定したトレースを実現。ターンテーブルには、強度と重量のバランスのよいアルミダイキャスト製のプラッター(回転盤)や、厚さ約5mmの独自開発ラバーマットを、回転を支えるセンタースピンドル部にはボールレスベアリング構造を採用。

精度と強度を向上することで回転とベルトの走行をより安定化し、ベルトドライブシステムの良さを最大限に高めた。キャビネットには、厚さ約30mmの音響機器に適した高密度MDFを採用するなど、アナログレコードの豊かで高品位な再生を追求したという。

主な仕様は、WRMSが0.25%未満、スピードが33 1/3回転、45回転。オーディオ出力がRCA端子、ケーブル。本体サイズは430(幅)×104(高さ)×366(奥行)mm。重量は5.4kg。

価格は61,000円(税別)。

■関連リンク

【価格.comマガジン】レコードをハイレゾ化できるレコードプレーヤー「PS-HX500」がソニーから登場!

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY PS-HX500 ハイレゾフォーマットでPCに録音・保存できるステレオレコードプレーヤー 

その他オーディオ機器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト