SOtM、PCM再生音を向上させたヘッドホンアンプ内蔵USB DAC

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > ヘッドホンアンプ・DAC > SOtM、PCM再生音を向上させたヘッドホンアンプ内蔵USB DAC

SOtM、PCM再生音を向上させたヘッドホンアンプ内蔵USB DAC

2014年8月15日 19:10掲載

sHP-100 sHP-100 sHP-100

zionoteは、SOtM製のヘッドホンアンプ内蔵のUSB DAC「sHP-100」の取り扱いを開始。8月22日より発売する。

DSDに対応したヘッドホンアンプ内蔵のUSB-DAC。ノイズ対策、電源回路、シャーシなどの各段を改善し、PCM再生の音質を向上させた。また、デジタル入力はUSBのほか同軸デジタルと光デジタルにも対応。最大で192KHz/24bitの再生が可能だ。

なお、同モデルは、SOtM製品初となる、ヘッドホンアンプを搭載。低インピーダンスなイヤホンでも高音質なサウンドを楽しめるよう、インピーダンスの高低をスイッチで切り替えられる。

このほか、プリアンプはボリュームつまみでヘッドホン出力とライン出力の音量調整が可能。アナログ入力も搭載しており、スマートフォンなどの音楽を、本製品のヘッドホンアンプで鳴らせる。

インターフェイスは、入力にUSB×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1、アナログ×1を装備。本体サイズは、105(幅)×53(高さ)×150(奥行)mmで、重量は約1kg。

価格は88,000円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名
SOtM sHP-100

関連コンテンツ

ヘッドホンアンプ・DAC関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト