ソニー、ラジオ録音対応でスピーカークレードル付きのポータブルレコーダー

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > ラジオ > ソニー、ラジオ録音対応でスピーカークレードル付きのポータブルレコーダー

ソニー、ラジオ録音対応でスピーカークレードル付きのポータブルレコーダー

2018年1月17日 17:10掲載

ICZ-R110 ICZ-R110 ICZ-R110
ICZ-R110 ICZ-R110 ICZ-R110

ソニーは、スピーカー再生や充電ができるスピーカークレードルが付属する、ワイドFM対応ポータブルラジオレコーダー「ICZ-R110」を発表。1月27日より発売する。

スピーカークレードルが付属し、取り外してそのまま持ち出せるため、録音したラジオ番組などを外出先でも楽しめるポータブルラジオレコーダー。

小型・薄型で持ち歩きやすいサイズが特徴。家では、スピーカークレードルにつないで、ラジオ番組を楽しんだり、取り外して、通勤・通学中に録音したラジオ番組などをタイムシフトして楽しんだりできる。

スピーカークレードルには、バランスの良い音質を実現するバスレフ機構を採用し、ヘッドホンを使わずに語学学習やラジオ番組を楽しめるほか、本体をクレードルに差した状態でラジオを聞きながら充電も可能だ。

さらに、小型ながらも、高密度フェライトバーアンテナを内蔵することでAM放送が受信可能。FM放送も付属のステレオヘッドホンをアンテナとして使用することでクリアに受信する。

このほか、ラジオ番組の予約録音や、お気に入りのラジオ局をワンタッチで選局できる「お気に入りラジオ局ボタン」を搭載。ワイドFM(FM補完放送)対応した。 本体は、16GBの大容量内蔵メモリー搭載で、たっぷり録音して楽しめる。

主な仕様は、録音形式がリニアPCM(マイク録音のみ)/MP3、再生形式はリニアPCMがLPCM 44.1kHz/16bit、その他がMP3/WMA/AAC。対応外部メモリーはmicroSDHC対応。最大録音時間はLPCM 44.1kHz/16bitで24時間20分、MP3 192kbpsで178時間、MP3 128kbpsで268時間、MP3 48kbps(モノラル)で715時間。

本体サイズは47(幅)×112.6(高さ)×13.7(奥行)mm、重量が約84g(電池含む)。パソコン用ソフトウェア「Sound Organizer(Ver.1.6)」(本体メモリー内)、スピーカークレードル、ステレオヘッドホン、ACアダプター(5V)、USBケーブル、AMラジオ用ループアンテナ、FMラジオ用アンテナケーブル。

直販価格は20,880円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
SONY ICZ-R110 スピーカークレードル付き ワイドFM対応ポータブルラジオレコーダー 

関連コンテンツ

ラジオ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト