“火星からみた星空”を再現できる 「HOMESTAR Classic MARS」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 家庭用プラネタリウム > “火星からみた星空”を再現できる 「HOMESTAR Classic MARS」

“火星からみた星空”を再現できる 「HOMESTAR Classic MARS」

2018年1月12日 6:18掲載

HOMESTAR Classic  MARS

セガトイズは、光学式家庭専用プラネタリウム「HOMESTAR Classic」より、火星からみた星空を再現する「HOMESTAR Classic MARS」を発表。火星イヤーとなる2018年2月15日より発売する。

「HOMESTAR シリーズ」は、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修した光学式家庭用プラネタリウム。12万個の星を投影出来る最上位モデルや、オーロラが投影できるシリーズ、キャラクターやアーティストとのコラボレーション、浴室でも使用できるシリーズなど多くのモデルが発売されている。

今回発売される「HOMESTAR Classic MARS」は、火星の地軸から想定した”火星から見た星空“の再現に成功しており、火星からみた星空を体験できるという。同モデル監修の大平貴之氏は、「火星は我々に最も身近な惑星。火星からみえる星空は、地球から見たものと一見似ているようで全く違う。おそらく今回の再現は世界で初。」と明かした。

また、同時に「投影星空を火星の地軸に合わせた動きをさせるために、複数の回転軸をコンピューターで制御して仮想的に実現する業務用のプラネタリウム機と異なり、HOMESTARではたった1枚の原板で再現できる決定的なシンプルさがある」とも語る。

主な仕様は、投影星数が約6万個、投影範囲が約2.5mの円状(天井までの投影距離が約2mの場合)、最適投影距離が2〜2.3m。本体サイズは159(幅)×167(高さ)×151(奥行)mm。専用恒星原板2枚(「日本の星空と火星」「火星から見た星空」)、ACアダプターが付属する。

価格は11,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
セガトイズ ホームスター クラシック マーズ 火星からみた星空を再現できる家庭用プラネタリウム 

関連コンテンツ

家庭用プラネタリウム関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト