パナソニック、食品の検出温度精度が向上したオーブンレンジ「NE-BS1400」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 電子レンジ・オーブンレンジ > パナソニック、食品の検出温度精度が向上したオーブンレンジ「NE-BS1400」

パナソニック、食品の検出温度精度が向上したオーブンレンジ「NE-BS1400」

2017年3月17日 7:30掲載

NE-BS1400 NE-BS1400 NE-BS1400

パナソニックは、スチームオーブンレンジ「3つ星ビストロ」の最上位モデルとして「NE-BS1400」を発表。6月1日より発売する。

食品の温度を瞬時に精度よく測定ができる赤外線センサー「高精細・64眼スピードセンサー」を搭載したのが特徴。センサーチップの受光面積を従来品比1.5倍にすることで、食品の検出温度精度を向上させている。

新搭載のセンサーは、食品の温度上昇を瞬時に検知することで、沸騰状況を判定。その後メニューに適した火力に自動調整し、ふきこぼれを抑えることが可能だ。従来は、鍋やフライパンを使う調理で必要だった火加減調整を自動で行えることで、ボウルに材料を入れ、本機に任せて調理できる「ワンボウルパスタ」「ワンボウルシチュー」レシピを実現している。調理中にその場を離れて、別の調理や家事をするなど、日々の時短に貢献できるという。

さらに、新機能として、レンジ、スチーム、ヒーターを最適に組み合わせた「パンのあたためコース」や、調理後の熱い庫内をファンで冷ます「庫内を冷ますコース」を搭載する。

主な仕様は、レンジ出力が1000W・800〜150W相当、スチームヒーター出力が1.0kW、オーブン出力が1.40kW・1.38kW、オーブンの温度調節範囲が80〜300度(5分)。

このほか、庫内容量は約30L。本体サイズは494(幅)×390(高さ)×435(奥行)mm。重量は約20kg。ボディカラーは、ルージュブラックとホワイトの2色を用意する。

価格はオープン。

■関連リンク

【新製品ニュース】パナソニック、「大火力極め焼きヒーター」搭載のスチームオーブンレンジ


関連コンテンツ

電子レンジ・オーブンレンジ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク