象印、南部鉄器を使用した圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NW-AS10」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 炊飯器 > 象印、南部鉄器を使用した圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NW-AS10」

象印、南部鉄器を使用した圧力IH炊飯ジャー「極め炊き NW-AS10」

2016年7月29日 12:00掲載

圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」(NW-AS10型) 内釜

象印マホービンは、圧力IH炊飯ジャー「極め炊き」シリーズの新モデルとして、炊飯容量0.09〜1.0L(5.5合)の「南部鉄器 極め羽釜 NW-AS10」を発表。8月21日より発売する。

独自の羽釜形状の内釜に、伝統工芸品の南部鉄器を使用したモデル。羽釜の羽を大きく伸ばし、釜底に角度をつけた新形状の羽釜に加えて、大火力(最大1450W)と高圧力(最大1.5気圧)でお米の甘み成分をアップさせる「プレミアム対流」を搭載。これにより、さらにふっくらした、甘み豊かなごはんを炊けるという(従来機種「NP-W型」と「NW-A型」との比較)。

さらに、ボタンを軽く押すだけで本体のふたが自動で閉まる「スマートクローズ」機能を採用。たとえば、お茶碗としゃもじを持ち、手がふさがっている際も、クローズボタンを軽く押して自動でふたを閉められる。冷めてもかたくなりにくい「お弁当」メニュー、高圧力でやわらかく炊き上げる「玄米」メニュー、大火力炊飯を実現する「うるおい二重内ぶた」「断熱フレーム」なども備えた。

このほか主な仕様は、1回あたりの炊飯時消費電力量が151Wh、1時間あたりの保温時消費電力量が17.1Wh。本体サイズは30.5(幅)×24.5(高さ)×40(奥行)cm、重量は11.5kg。ボディカラーはプライムブラック。

このほか、「鉄器コート 極め羽釜 NW-AA10」も8月21日より発売する。「スマートクローズ」機能には非対応。ボディカラーは、プライムブラウン、プライムホワイトを用意する。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
象印 極め炊き NW-AS10 南部鉄器を採用した圧力IH炊飯ジャー 
象印 極め炊き NW-AA10 鉄器コートを採用した圧力IH炊飯ジャー 

関連コンテンツ

炊飯器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト