タイガー魔法瓶の炊飯ジャー、オンキヨー技術で“高品位な音声再生”

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 炊飯器 > タイガー魔法瓶の炊飯ジャー、オンキヨー技術で“高品位な音声再生”

タイガー魔法瓶の炊飯ジャー、オンキヨー技術で“高品位な音声再生”

2017年10月16日 17:40掲載

JPG-X100 加振器(Vibtone)】

オンキヨーは、タイガー魔法瓶が9月11日に発売した炊飯ジャー「土鍋圧力IH 炊飯ジャー<THE 炊きたて>JPG-X100」について、オンキヨーの加振器「Vibtone」シリーズが搭載されたことを発表した。

「Vibtone」は、「振動(Vibration)+音(Tone)」で開発された加振器の名称。加振器を活用した音声再生によって、振動板を用いた従来のスピーカーユニットを使用することなく、天面全体をスピーカーにして、「高品質でクリアな音声・メロディの再生を可能とする」とのことだ。

具体的には、家電製品での音声・メロディの再生方法はこれまで、振動板を有するスピーカーユニットの利用が一般的で、「高音質かつクリアな音を再生する場合には、音の出口を設けるために製品へ穴をあけることが必要とされていた」とのこと。しかし、「防水性や気密性が必要とされる製品が多く、製品自体に音の出口である穴を設けることが困難」として、「スピーカーユニットが持つ本来の再生音を充分に発揮できなかった」という。

そこで、今回搭載した加振器では、炊飯ジャーのふたにあたる銘板を振動させることで、クリアな音を再生することを可能にした。炊き上がり時のお知らせ音といった再生音質については、タイガー魔法瓶と共同開発を行い、「心地よく耳ざわりのない音を実現する」と説明している。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)


関連コンテンツ

炊飯器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク