サンコー、普通に炊くだけで糖質を33%カットする「糖質カット炊飯器」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 炊飯器 > サンコー、普通に炊くだけで糖質を33%カットする「糖質カット炊飯器」

サンコー、普通に炊くだけで糖質を33%カットする「糖質カット炊飯器」

2017年12月15日 18:05掲載

いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」 いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」 いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」
いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」 いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」 いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」

サンコーは、糖質をカットできる炊飯器『いつものご飯を低糖質に「糖質カット炊飯器」』を発表。12月15日より先行予約を開始し、2018年1月31日より発売する。

本体にタンクを内蔵し、独自の炊飯機構で糖質をカットする炊飯器。お米を洗米し、水を入れ、炊飯モードを押すだけと、ふだん食べているお米で、ふだんと同じように炊くだけで、糖質が自然に抑えられるのが特徴だ。できるだけ糖質を控えたいという人に適している。

炊飯時は、本体のタンクに糖を含んだ煮汁を排出。次に、本体の別のタンクから水を注水し、蒸気で炊き上げる方式でお米を炊き上げる。炊飯時の糖質量は、一般的な炊飯器で炊いた場合と比較して、33%カットされるという(100gあたりの糖質含有量36.8g→24.8g、同社調べ)。

また、炊飯時の硬さ調整が5段階で切り替え可能で、柔らかめから硬めまで、好みの硬さを選択できる。水を入れて蒸気でふっくらと温め直す「温め直しモード」や、「蒸し料理モード」も搭載する。

さらに、予約炊飯時にタンクに水が移動し、夏場など長時間水に浸らず、衛生的に炊飯ができる予約炊飯機能を装備する。

このほか、炊飯容量は1〜6合。定格消費電力(炊飯時)は860W。本体サイズは435(幅)×385(高さ)×350(奥行)mm。重量は6.9kg。

直販価格は29,800円。

■関連リンク

ニュースリリース(PDF)


関連コンテンツ

炊飯器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク