タイガー、糖質約47%オフになる「とらひめ」に対応したIH炊飯器

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 炊飯器 > タイガー、糖質約47%オフになる「とらひめ」に対応したIH炊飯器

タイガー、糖質約47%オフになる「とらひめ」に対応したIH炊飯器

2018年2月14日 17:02掲載

JPE-A10Z とらひめ

タイガー魔法瓶は、IH炊飯器「炊きたて」の新製品として、5.5合炊き(1.0L)モデル「JPE-A10Z」を発表。3月23日より発売する。

「とらひめ」専用メニューを搭載したIH炊飯器。「とらひめ」は、タピオカでん粉、こんにゃく粉などを使用した米粒状加工食品で、白米と比較して、糖質約47%オフ、カロリー約50%オフ、食物繊維約8倍になるという。

また、食感がよく、ごはんを食べているように噛みごたえもあり、お腹にたまるため、白米と置きかえることで、我慢をせず手軽に低糖質生活を実現することができる。

さらに、熱効率の良い「W銅入5層遠赤特厚釜」の外側に「熱封土鍋コーティング」を施すことで、土鍋素材のコーティングに加え、熱封中空ガラスビーズを練り込み蓄熱性をアップさせている。

このほか、最大消費電力は1200W。本体サイズは272(幅)×329(高さ)×211(奥行)mm。重量は約4.5kg。ボディカラーはブラック。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
タイガー魔法瓶 炊きたて JPE-A10Z 「とらひめ」専用メニューを搭載したIH炊飯器 

関連コンテンツ

炊飯器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト