象印、「1時間あったか保温」を搭載した電気ケトル

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 電気ポット・電気ケトル > 象印、「1時間あったか保温」を搭載した電気ケトル

象印、「1時間あったか保温」を搭載した電気ケトル

[CK-FS]

象印マホービンは、電気ケトルの新モデル「CK-FS型」を発表。0.8Lモデル「CK-FS08」と1.0Lモデル「CK-FS10」の2機種を9月21日より発売する。

沸とう後約90度で保温し、1時間経つと自動で電源オフになる「1時間あったか保温」(選択式)を搭載したのが特徴。ハンドルに操作ボタンを備えており、湯沸かしや保温の操作を片手で行うことができる。

また、気になるカルキ臭を除去する「カルキとばしコース」(選択式)や、清潔で水量が見やすい「広口フッ素加工内容器」を採用。沸きあがりを通知する「沸とう完了お知らせメロディー」も備える。

沸とう時間は、「CK-FS08」がカップ1杯(140mL)で約65秒、満水0.8Lで約4分、「CK-FS10」がカップ1杯(140mL)で約65秒、満水1.0Lで約5分。ボディカラーは、クリアブラックとホワイトの2色を用意する。

価格は、「CK-FS08」が13,650円、「CK-FS10」が14,700円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
象印 CK-FS08-BF [クリアブラック] 1時間あったか保温」を塔載した電気ケトル(0.8Lモデル) 
象印 CK-FS08-WB [ホワイト] 1時間あったか保温」を塔載した電気ケトル(0.8Lモデル) 
象印 CK-FS10-BF [クリアブラック] 「1時間あったか保温」を塔載した電気ケトル(1.0Lモデル) 
象印 CK-FS10-WB [ホワイト] 「1時間あったか保温」を塔載した電気ケトル(1.0Lモデル) 

電気ポット・電気ケトル関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト