シャープ、遠心分離式サイクロン掃除機の新モデル

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 掃除機 > シャープ、遠心分離式サイクロン掃除機の新モデル

シャープ、遠心分離式サイクロン掃除機の新モデル

2011年6月13日 13:55掲載

[EC-CP12-N] [EC-CT12-C]

シャープは、サイクロン式掃除機のスタンダードモデルの新製品として、「EC-CP12」および「EC-CT12」を発表した。

両モデルとも、高速旋回気流でごみと空気を強力に遠心分離する「遠心分離式サイクロン」を採用。フローリング・畳のから拭きが行える「から拭き」機能を搭載するほか、微細なホコリもしっかりキャッチする「HEPAクリーンフィルター」を備えている。

また、「EC-CP12」はヘッド内蔵モーターでブラシを強力に回転させる「モーター駆動パワーヘッド」を装備。「EC-CT12」は、風の力でブラシを強力回転させる「タービンヘッド」を備えている。機能面では、「EC-CP12」に、床面や掃除動作に合わせてパワーセーブする「エコ掃除」を搭載している。

共通する主な仕様は、吸込仕事率が約70W〜450W、消費電力が約240W〜1000W。ボディカラーは、「EC-CP12」がゴールド系(シャンパンゴールド)、「EC-CT12」がベージュ系 となる。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
シャープ POWER CYCLONE EC-CP12 スタンダード・パワーヘッドタイプの遠心分離式サイクロン掃除機 
シャープ POWER CYCLONE EC-CT12 スタンダード・タービンヘッドタイプの遠心分離式サイクロン掃除機 

関連コンテンツ

掃除機関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト