富士通、加熱除菌を搭載したエアコン「nocria X」2018年度モデル

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > エアコン・クーラー > 富士通、加熱除菌を搭載したエアコン「nocria X」2018年度モデル

富士通、加熱除菌を搭載したエアコン「nocria X」2018年度モデル

2017年10月13日 11:10掲載

nocria X 2018年度モデル

富士通ゼネラルは、エアコンの最上位機種「nocria(ノクリア) X」シリーズの2018年度モデルを発表。11月18日より発売する。

業界初となる「熱交換器加熱除菌(加熱除菌)」機能を新たに搭載したのが特徴。熱交換器に付着している水分を55度で10分間加熱し、熱交換器の水分に残留した雑菌の除菌や、カビ菌を除去することで、エアコンから送り出される気流を従来以上に清潔にすることができるという。

また、室温気流と暖・冷房気流を制御する「デュアルブラスター」を搭載し、独自の「ハイブリッド気流」を生み出すことが可能。暖房時には、室温気流が暖気の上昇を押し下げ、床面に温風を押し広げ、足元から暖める快適な暖房になるという。冷房時は、室温気流の撹拌で冷気を部屋中に行き渡らせ、やわらかな風が広がることで涼感が得られる。

さらに、「デュアルブラスター」を水平に向けて、室温気流が暖房気流を引き上げながら、ゆったりとした空気の流れを作りだす「床暖房併用モード」を新たに搭載。暖気と混ざったゆるやかな気流が部屋中を循環し、部屋全体でやわらかな暖かさが得られるという。

このほか、AIが分析・判断して使用環境に応じた最適な運転を行う「ノクリアセレクト」や、季節に合わせて快適なモードを選択して、運転・停止を自動で行う「おまかせノクリア」、音声お知らせ機能などを搭載する。

ラインアップとして、2.2kW/2.5kW/2.8kW/4.0kW/5.6kW/6.3kW/7.1kW/8.0kWモデルの8機種を用意する。

価格はいずれもオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
富士通ゼネラル nocria AS-X22H 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(2.2kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X25H 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(2.5kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X28H 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(2.8kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X40H2 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(4.0kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X56H2 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(5.6kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X63H2 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(6.3kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X71H2 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(7.1kW) 
富士通ゼネラル nocria AS-X80H2 「ハイブリッド気流」を生み出すエアコンの2018年度モデル(8.0kW) 

関連コンテンツ

エアコン・クーラー関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト