バルミューダ、Wi-Fi対応のタンクレス加湿器「Rain」2017年度モデル

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 加湿器 > バルミューダ、Wi-Fi対応のタンクレス加湿器「Rain」2017年度モデル

バルミューダ、Wi-Fi対応のタンクレス加湿器「Rain」2017年度モデル

2017年10月12日 17:01掲載

Rain Wi-Fiモデル Rain Wi-Fiモデル Rain Wi-Fiモデル
Rain Wi-Fiモデル Rain Wi-Fiモデル Rain Wi-Fiモデル

バルミューダは、空気を洗う美しい加湿器「Rain(レイン)」の2017年度モデル「Rain Wi-Fiモデル ERN-1100UA-WK」を発表。10月12日より、同社オンラインストアや全国の百貨店、家電量販店などで予約受付を開始し、12月上旬より出荷する。

画期的なタンクレス構造を実現した加湿器。水を上から注ぎ入れるだけで給水できるため、重たいタンクを取り外してシンクまで往復したり、途中で水をこぼしてしまったりすることがない。

また、Wi-Fiネットワーク機能により、外出先からの操作も可能。専用アプリ「UniAuto」をインストールしたスマートフォンなどから、電源のオン/オフ、設定温度の変更など、基本的な操作が行える。

加湿方法は、最も自然な気化式を採用。本体に取り入れた空気に含まれる細菌を酵素プレフィルターで分解し、埃や雑菌を取り除き、清潔になった空気を加湿して送り出す仕組みだ。熱を使わない気化式で加湿するため多湿状態を防ぎ、ウイルスやカビの活性化を抑制。人が快適だと感じられる約50%の湿度を自然に作り出す。さらに、火傷の心配もなく、最小消費電力も2Wと経済的だ。

このほか、上から注いだ水は内部の給水ボウルにためられるが、給水ボウルは丸洗い可能であるため、常に清潔に使用でき、ミネラルやカルキが白く固まってしまうことを防ぐ。

無線LANは、IEEE 802.11b(2.4GHz)をサポート。本体サイズは350(幅)×374(高さ)×350(奥行)mm。重量が約5.7kg。コード長が1.8m(ACアダプター コード長)。ボディカラーはホワイト。マルチプラグアダプター、加湿フィルター、酵素プレフィルターなどが付属する。

直販価格は46,000円(税別)。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
バルミューダ Rain ERN-1100UA タンクレス構造を実現したWi-Fi対応加湿器 

関連コンテンツ

加湿器関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト