タニタ、やわらかいフレキシブル測定部を採用した電子体温計「BT-471」

ホーム > 新製品ニュース > 家電 > 体温計 > タニタ、やわらかいフレキシブル測定部を採用した電子体温計「BT-471」

タニタ、やわらかいフレキシブル測定部を採用した電子体温計「BT-471」

2017年11月21日 16:38掲載

BT-471 BT-471

タニタは、わき専用電子体温計「タニタ電子体温計BT-471」を発表。11月25日より発売する。

バックライトを搭載し、暗い場所でも表示が見やすいほか、先端がやわらかく、測定時にわきの中心にフィットさせやすいのが特徴だ。わきにやさしくフィットするため使いやすく、先端が硬い体温計に比べて、怪我や破損のリスクを軽減できるという。

また、液晶部のサイズは幅30mm×高さ17mmと業界最大級(同社調べ)になっており、大きな文字ではっきりと見ることが可能だ。

検温時間は約20秒で、素早く体温を表示する予測式。測定前には前回値を表示する機能を備えており、経過を把握するのに役立つという。

電源はコイン形リチウム電池(CR2032)×1個。電池寿命は、予測検温で約9900回、実測検温で約1800回(どちらも手動で電源をオフした場合)。

このほか、先端部分は水洗いが可能。本体サイズは136(幅)×29(高さ)×15(奥行)mm。重量は約23g。

価格はオープン。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!
メーカー 製品名  
タニタ BT-471  先端がやわらかいフレキシブル測定部を採用した電子体温計 

関連コンテンツ

体温計関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト