ソシノ、スマートリモコン「sRemo」にタイマーや学習などの機能追加

ホーム > 新製品ニュース > スマートフォン・携帯電話 > 携帯電話アクセサリ > ソシノ、スマートリモコン「sRemo」にタイマーや学習などの機能追加

ソシノ、スマートリモコン「sRemo」にタイマーや学習などの機能追加

2017年8月9日 15:25掲載

sRemo sRemo sRemo

SOCINNOは、スマートフォンで家電が操作できるスマートリモコン「sRemo」のバージョンアップを実施した。

「sRemo」はスマートフォン1つで自宅の家電を自由に操作できるスマートリモコン。家電リモコンだけでなく温度、湿度、照度を測定可能な点が特徴。今回のアップデートにより、タイマー設定や連続送信、学習機能などの機能向上を図り、より使いやすくなったという。

タイマー機能は、リモコンボタンの長押しによりタイマーを設定でき、1分から21時間まで選択可能。1時間後にエアコンを止めたり、1時間後にテレビを止めたりというタイマー機能を「sRemo」で実現する。連続送信機能は、長押しボタンを連続送信に設定することで、一度の長押し操作で連続送信が可能。ボリュームなどの一度に連続送信する用途に利用できる。

学習(マクロ)機能は、最大16ステップのリモコン信号を学習し実行可能。ステップ間はWaitをかけることもできる。このほか、スマートフォンとsRemo本体間のワンタイムパスワードを実装。ログイン3回失敗でメール送信するなど、セキュリティが向上したほか、sRemo本体のソフトウェア更新を、遠隔かつ自動でバージョンアップする機能にも対応。

sRemo本体を2.4GHz帯Wi-Fiに設置し、同一APの5GHz帯に接続されているスマートフォンからも利用できるようになっている。

アプリ推奨環境はiOS 9.0〜/Android 4.0.3〜。

■関連リンク

製品情報


関連コンテンツ

携帯電話アクセサリ関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク